リオ五輪アジア最終予選、手倉森監督のマネジメントでアクシデントは乗り越えられる!
〔PHOTO〕gettyimages

トップ3入りは十分に可能

2016年最初の五輪出場を賭けた国際大会が、1月12日に開幕しました。サッカー男子のアジア最終予選です。

今回の予選は、中東のカタールに16ヵ国が集い、セントラル方式と呼ばれる集中開催で争われます。アジアからリオ五輪に出場できるのは、わずかに3ヵ国です。

1996年のアトランタ大会から、日本は5大会連続で予選を突破しています。私自身、96年と2000年はコーチとして、04年は監督としてアジア予選に臨みました。

手倉森誠監督が率いる今回のチームは、アジアの各種大会でベスト4以上の成績を残したことがありません。そのため、予選突破を危惧する報道も見られます。しかも、集中開催ですから、ひとつの躓きが致命傷になりかねません。

私の見立ては、少し違います。

選手の顔ぶれに不足はありません。キャプテンで攻守のつなぎ役を担う遠藤航、攻撃的なミッドフィールダーの南野拓実は、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督のもとで日本代表に選ばれています。

昨年のJ1リーグを制したサンフレッチェ広島で、8ゴールを記録した浅野拓磨も日本代表に招集されたことがある。さらに、ストライカーの久保裕也は、13年7月からスイスでプレーしている。南野もオーストリアのクラブで、結果を残している。

過去の国際大会で苦汁をなめてきたとはいえ、選手の質が他国より劣っているとは思えません。3つの出場枠を勝ち取ることは、高すぎるハードルではないでしょう。選手たちが持っている力をそのまま出せれば、十分にトップ3入りは可能です。