雑誌
『火垂るの墓』作者・野坂昭如の死
〜語彙の森を生き、ラグビーを愛した

「楕円のボールの艶やかな肌、スパイクシューズの感触を初めてたしかめた時の、ときめきは今も忘れない」(『ラグビーにトライ』)。〔PHOTO〕gettyimages

葬儀で唄われた部歌

放埓を装って端正、無頼を演じて含羞また含羞、いざ記憶をたどれば、黒メガネの奥の優しげな目の印象がむしろ深い。

野坂昭如、死す。

『おもちゃのチャチャチャ』や『伊東に行くならハトヤ』の作詞家、『アメリカひじき』と『火垂るの墓』の直木賞作家で、『マリリン・モンロー・ノー・リターン』で知られた歌手にして元参議院議員、そして、この行動の人は、案外、タックルの強いラグビー選手でもあった。

2015年、12月19日、東京・青山葬儀所での葬儀・告別式、かつて草の根ラグビーの世界にとどろいた「アドリブクラブ」の栄えある部歌が、チームの旧友によって、遺影の前で唄われた。

妻子を忘れ 筆を捨て
鍛え〳〵て 幾星霜
時こそ至れり初陣の
花のトライを君知るや
嗚呼壮年の血は燃ゆる
その名もアドリブ アドリブクラブ

作詞は『真赤な太陽』の吉岡治、作曲が『黒の舟歌』の桜井順(能吉利人)、1973年の10月某日、初の対外試合において披露された。野坂昭如は、背番号10のスタンドオフ、ちなみに、対戦相手は「講談社ラグビー部」であった。

結成は同年5月、8月、白馬高原で合宿(『ユリイカ』'05年12月号、野坂昭如年譜)、小説家は42歳、吉行淳之介との対談で言われた。「いつもちょっと年とっているな(笑)。ラグビーやるにしても」(『生きかたの流儀』筑摩書房)。そう。壮年の血は燃えに燃えたのである。