世界経済 金融・投資・マーケット
原油価格の「底打ち」は、ある日突然やってくる
~2016年世界経済のシナリオを「M・O・N・K・E・Y」で考える【その2】

〔PHOTO〕gettyimages

2016年は本当に「ベア(弱気)マーケット」なのか

2016年を占うキーワード「M・O・N・K・E・Y」のうち、今回は、「O・K・E・Y」をとりあげたい。すなわち、原油(Oil)金(Karat)為替レート(Exchange Rate)金利(Yield)である。

これらはすべてマーケットで決まるものであり、しかもお互いが強く連関している。筆者は、今年は予想外のタイミングで、原油価格の底打ちや(長期)金利の上昇が起きるのではないかと考えている。

ちなみに年初から大荒れの各マーケットだが、その状況をみると、原油価格の低下、金価格の上昇、ドル高一服、金利の低下(特に長期金利は米国に連動して動く側面が強いと思われる)が同時発生しており、現段階では筆者の考える方向性とは逆の動きをしている。そして、その間、主要国の株価は軒並み下落している。

そのため、マーケットでは年初から早くも、「2016年は、全般的に『ベア(弱気)マーケット』かもしれない」という見方が増えつつあるが、筆者は必ずしもそうではないと考えている。

理由は、為替レートと原油の「均衡値」が既に「ベアマーケット下のファンダメンタルズ」を十分に織り込んでいると考えているためである。また、ほとんどのマーケットは密接につながっているので、例えば、原油価格の底打ちですべてのマーケットの様相が突然大きく変わる可能性が高いと考える。

そこでまず、各マーケットの価格変動の関係から考えてみよう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら