「コーク一族」米大統領選の命運を握る大富豪ファミリーの正体

2016年01月14日(木) 古村 治彦

古村 治彦賢者の知恵

upperline

コーク家は、世界でも屈指の大富豪で、アメリカ政治に深くかかわろうとしている一族だが、極端な秘密主義のために、コーク家、コーク兄弟については、これまでアメリカ国内でさえもあまり知られてこなかった。

その秘密のヴェールに包まれた大富豪コーク家の歴史を丹念に取材し、全貌を描き出したのが、アメリカのジャーナリストであるダニエル・シュルマン。その成果が『アメリカの真の支配者 コーク一族』となって結実した。

この本の中で、コーク家の公私にわたる歴史が完全に網羅されている。コーク家の四兄弟の泥沼の法廷闘争や華やかな私生活まで描き出されている。

アメリカの大富豪たちの生活の一端を覗くこともできる一冊。アメリカ大統領選挙の年である2016年、アメリカ政治を理解する上でも必読の書であると、訳者である私は断言したい。

前へ 1 2 3 4

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ