「やらせ疑惑」に決着!放送開始から40年「クイズダービー」舞台ウラ座談会

2016年01月12日(火) 大橋巨泉,竹下景子,副島恒次

大橋巨泉,竹下景子,副島恒次賢者の知恵

upperline

井森美幸の爆笑回答

竹下 もう一つよく聞かれたのは、「隣の人の答えは見えないんですか?」という質問。うまい具合に仕切られていて、絶対に見えませんでした。

でも一度、はらたいらさんがボードに書き込む音を聞いて答えを推測したことはあります。当たりませんでしたが(笑)。

副島 のちに2枠に入った井森美幸さんは、どうしても答えが浮かばなくて、「はらさんと同じ」と書いたことがありました。

竹下 美幸ちゃんはそういうセンスが抜群でしたね。

巨泉 2枠はもともとベテラン女優枠で、五月みどりちゃんから始まり、沢たまきさん、高峰三枝子さん、南田洋子ちゃん、長山藍子さんなどが座ったけれど、後半は、宮崎美子ちゃん、斉藤慶子ちゃん、山崎浩子ちゃん、そして井森と、グッと若返った。

なぜかというと、4枠の〝女子大生〟、竹下景子がだんだんとお年を召されたから(笑)。それで、2枠を女子大生枠、4枠をベテラン女優枠に入れ替えた。

竹下 番組に出演した16年間で結婚し、子供を二人産みましたからね。臨月になると解答席の机にくっつくほどお腹が大きくなるのですが、本番中は座っていればいい。予定日に産まれてくれと祈りながら、ギリギリまで出演していました。

副島 産んだ後も景子さんは2週休んだだけですぐに復帰してくれたのには驚きました。

巨泉 女子大生だった景子ちゃんも強くなったよね。僕にとって『クイズダービー』はまさに長い間育ててきた自分の子供みたいなもの。今でも忘れられない特別な番組です。

この対談も収められた週刊現代スペシャルは、全国のセブンイレブン、セブンイレブンネットで好評発売中!(目次はこの下に↓)

 

前へ 1 2 3 4 5

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ