ポスト鳩山
見えてきた5月退陣
菅か仙谷か、それともあの男か
「麻生さんよりは長くやりたいんだ」ご本人の願い虚しく、鳩山さんは5月に退場することになりそうだ。政局は風雲急を告げている。鳩山さんのあとを狙い、野心を抱く者多数。すでにごそごそと動き出している。帯に短し、たすきに長し。それが現実でも民主党の誰かが総理になる。

民主党政権のいのちを守る

 しばし、頭の体操にお付き合いいただこう。以下は、現時点でもっとも可能性が高い、5月末段階のシナリオである―。

「私は、このたび国政の混乱を招いた責任を取るべく、総理大臣の職を辞することを決意いたしました」

 この日深夜。総理官邸に集まった記者たちの前で、鳩山由紀夫首相は唐突に辞意を表明した。

 鳩山首相は以前から、「普天間基地の移設問題に対し、5月末までに結論を出す」と公言していた。その期限を目前にして、まるで政権を"投げ出す"かのような辞意表明。記者たちからは即座に質問が飛んだ。

「基地移設の政府案がまとまらなかったのか」

 鳩山首相はやや目を泳がせながら、こう語る。

「私は国民の皆さんに、『いのちを守る』約束をいたしました。しかし今回、沖縄県民のいのちを守る、そのための結論を出すことは、非常に困難という判断に至ったのであります」

記者たちからは「あまりに無責任だ」と、一斉に非難の声が上がった。だが、言うべきことを言ってスッキリしたのか、鳩山首相は、ほっとした表情すら浮かべている。事前に首相の「決意」をまったく知らされなかった閣僚の一人は、緊急会見の中継に呆然と見入りながら、こう呟いた。

「結局こんな辞め方をするような人だから、宇宙人と呼ばれていたんだよね」

 同時刻、東京・赤坂の高級マンションの一室で、小沢一郎幹事長が、憮然とした表情でやはり辞任会見の映像を見つめていた。その数時間前、小沢氏は鳩山首相から「辞めます」との連絡を受け、急きょ参院選対策の地方行脚を切り上げ、帰京したばかりだった。

「いま辞めるのは最悪だ。米国との交渉を継続する、と説明すれば、参院選までの時間は稼げる」

 しかし、いままでは何でも、「なるほど」「おっしゃる通り」と、自分の言う事を聞いてきたはずの男が、今回は聞く耳を持たない。

「私は、民主党政権の"いのち"を守りたいのです。基地問題の全責任を私が負って辞めれば、国民も納得し、民主党は守られる。妻(幸夫人)も『それがいい』と賛成してくれています」

 小沢氏は内心、舌打ちした。確かに、最近どうも鳩山首相が、自分と距離を置いているのを感じていた。

「そろそろクビのすげ替え時を見極める必要がある」

 そう考えていたのは間違いない。しかし、いますぐに辞められると、秘書の逮捕など、金銭疑惑をセットで追及されてきた自分への風当たりが、再び強まってしまう。まさかそれを見越して、反小沢派の誰かが入れ知恵でもしたのか?

 結局、説得は失敗した。となると、すぐに"次の駒"を考えなければならない。候補はアイツと、コイツか。

 しかし、むっつりとした表情の裏で、小沢氏の苛立ちは募る。誰を担ぐにしても、この危機に際しては、帯に短し、襷に長し、だ。分かってはいたが、"次"がいないのだ。どうしよう。

―現在の鳩山政権の迷走ぶりを見ると、1ヵ月半ほど後の近未来には、これが「ノンフィクション」に変わっているかもしれない。

 鳩山内閣の支持率は、4月に入ってとうとう30%台前半(33%=読売新聞)まで低下した。支持率低下の原因は、鳩山首相と小沢幹事長、党所属議員らの金銭スキャンダルに加え、普天間基地の移設問題の迷走など、枚挙に暇がない。昨年8月に民主党が掲げた政権交代の金看板は、メッキが剥がれて錆び始めている。

 政治評論家の鈴木棟一氏はこう語る。

「ある全国紙が、7月に予定される参院選の当落予測を行ったところ、民主党にとって驚くべき数字が出ました。公表されていませんが、民主党の予想獲得議席は、45議席+αに止まったのです。参院で単独過半数を占めるには60議席が必要。それが50議席にも達しないのでは、大惨敗と言って過言ではありません」

 これはあくまで、「現時点」での予想だ。普天間問題の混乱を見れば、内閣支持率は、これからさらに低下する可能性が高い。

「施設の一部を徳之島に移すプランが取り沙汰されていますが、あと1ヵ月半で移設先の住民の了解を得るのは無理。施設を分散したら基地の機能が失われるため、米軍も呑むわけがない。
  岡田克也外相は周囲に『普天間基地の継続使用しかない』と漏らしています」
(全国紙政治部記者)

 そうなれば首相は、「基地は沖縄県外に移設する」「5月末には結論を出す」という公約を、ダブルで破ることになる。鳩山首相は自ら決断するまでもなく、「否応なく辞めざるを得ない」状況になってしまうことも大いにあり得るだろう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら