大阿闍梨が明かす、千日回峰行の苦しみ「爪はボロボロ、血尿は出る。ところがある日、不思議な感覚が芽生えてくるのです」
島地勝彦×塩沼亮潤 【第1回】

撮影:立木義浩

<店主前曰>

世の中にはもの凄い人がいるものである。

現存する僧侶になかで吉野の大峯千日回峰行をやり遂げた唯一の大阿闍梨、塩沼亮潤さんが目の前にいらっしゃる。お顔がじつに爽やかである。こころが澄み切っているのだろう。

一方わたしといえば、欲望の塊のような人間である。偉そうに“シマジ教”の教祖を自認しているが、こころは濁り切って、 顔は年齢不詳を目指して極めて妖しい雰囲気を醸し出している。

担当編集者のヒノがいみじくもいったものである。「今日は清と濁の顔合わせとなりましたね。面白くないはずがありません」と。

***

シマジ 本日、塩沼大阿闍梨にお目にかかるにあたり、塩沼さんが小学5年生のときに観て感銘を受けたという、酒井雄哉さんの修行に密着したNHKドキュメンタリーをDVDで観ました。千日回峰行っていうのはただごとではないですね。

あの番組を小学5年生のときに観て、「よし、おれもやろう」と決心なされたとのことですが、やっぱり塩沼さんは常人ではありませんね。学生時代はスポーツマンだったんですか?

塩沼 高校時代はテニスをやっていました。あと、学校までの4キロの道のりを毎日走って通っていました。その当時から「近い将来、千日回峰行をするんだ!」という気持ちでいましたから、勝手に準備期間と考えていたんですね。

シマジ 毎日走って通学していたんですか! わたしにはとても考えられません。そして千日回峰行を成し遂げたいま、次の夢はどんなものですか?

塩沼 そうですね、将来は、大きな世界を飛び回るお坊さんになりたいですね。

シマジ そのために語学も勉強なさっているんですか。

塩沼 いま泣きながら教わっているところです(笑)。