企業・経営
「郵政ビッグバン」に「gumiショック」…2015年の新規上場マーケットを一気に振り返る!
〔photo〕gettyimages

新規上場社数は7年連続の増加!

12月25日で、今年の新規上場案件が全て終了しました。去年に引き続き、2015年の新規上場マーケットの総括をしてみたいと思います。

【ハイライト】
1. 新規上場社数は昨年の77社から92社と15社増加。
2. 今年の目玉は日本郵政上場だったが、それ以外は昨年より小粒な上場が増加している。
3. マザーズに上場した発行体は、当然ながら「上場ゴール」を前提とするのではなく、10年後の上場廃止基準を見据えて更なる成長をする必要あり。

過去10年の新規上場社数とその年の大納会の日経平均終値(2015は12/29)をグラフにしました。

2007年の世界的なサブプライム問題表面化より、日経平均と新規上場社数は下げに転じ、2008年のリーマンショックを機に日経平均が大きく下がると共に、2009年には新規上場社数は19社まで落ち込みました。それ以降、日経平均は東日本大震災の影響を受けるも、新規上場社数は7年連続増加しており、今年は92社が上場しました。

このグラフを見ると、新規上場はやはりマーケット環境に大きく影響を受けると言ってよいでしょう。ただし今年の日経平均(2015/12/29終値)は過去10年で一番高かったのですが、新規上場社数は150社を超える水準にまで到達していません。ここは個人的にはもう新規上場が 150社とか200社という時代は来ないと考えています。この話はまた別の時にしたいと思います。

上場社数

今年の市場別の上場社数は、マザーズが61社と全体の3分の2となっており、最近はとくにマザーズ上場の傾向が強くなっています。一方で今年は久しぶりに札証アンビシャスに新規上場がありました。 エコノスという発行体で、これは2012年の北の達人コーポレーション以来の3年ぶりの新規上場となります。