現代新書
外国人が絶句する日本の家族習慣
〜父親が幼い娘と一緒に風呂に入るなんてアリエナイ!

〔photo〕iStock

文/鴻上尚史

西洋人はなぜ「川の字」で寝ないのか

西洋の人たちは、生まれたばかりの子供を別室で寝かせる、と聞いたことがあるでしょうか。生まれて数日から数週間で別の部屋に寝かせる、というのです。「そんなに小さい時から自立させるのか」と僕は驚きました。

NHK BSの番組「cool japan」(2008年)では、「赤ちゃんの時から1人で寝ていた人?」という質問をしました。8人中7人が手を挙げました。

「子供の頃、夜中に起きてそばに誰もいなくて怖くなかった?」と素朴に質問しました。「怖かった」と正直にベネズエラ人が答えてくれました。「電灯を消すと、暗かったし怖かったですね。寝つくまで母がいてくれましたが、目を覚ますといないんです。怖かったです」。

アメリカ人もフランス人もイタリア人もうなづきました。

じゃあ「どうして子供を1人で寝かせるの?」と質問しました。答えは「自立心を養う」でも「しつけ」でもありませんでした。あまりの衝撃に僕が声をあげました。なんだかお分かりですか?

答えは、「子供が横で寝ていると、夫婦の営みができない」でした。

「子供のためじゃなくて、自分たちのためなの!?」と叫ぶと、「いや、兄弟姉妹を作るためだから、結局は、子供のためでもあるんだ」と外国人は口を揃えました。つまり、夫婦のプライバシーのために、「子供を別の部屋」で寝かせる、というのです。

「でも、夜中起きた時、親が隣にいないと、トラウマにならなかった?」とさらに訊きました。

フランス人男性が、「3〜4歳までなら、両親と一緒に寝てもいいと思います」と答えました。すぐにイタリア人女性が「それだと、3年間、夫婦のプライバシーはなくなってしまう。なにもできないわ」と返しました。

このイタリア人女性は「私の子供は生まれたその日から、別の部屋で寝かせました。子供でも生まれた時から『個人』であることを学ばなければなりません」と、じつにイメージ通りの答えを言っていたのですが、どうも、よりリアルな理由はさっきの方でした。

でも、やっぱり子供は不安じゃないの? とさらに食い下がると、「最近は、子供部屋の音をモニターできるマイクとスピーカーのセットが簡単に手に入る。だから、子供が夜中に泣いていたら夫婦の寝室のスピーカーが教えてくれるから、すぐに子供部屋に行けるの」とアメリカ人女性が言いました。

「でも、それは淋しいと泣いた後でしょう? 目が覚めた瞬間が問題なんじゃないの?」と突っ込みましたが、西洋の人たちは「親と子供は別々の部屋に寝るのが当然」と言いました。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら