今年のJリーグ、個人的MVPは佐藤寿人だ

 早いもので、もう年末を迎えました。今年のJリーグは、2ステージ制への回帰、新しいレギュレーションでのチャンピオンシップ、FW佐藤寿人のJ1最多記録に並ぶ157ゴール、FW大久保嘉人の3年連続3回目の得点王受賞、3年ぶりに日本で開催されたクラブワールドカップでサンフレッチェ広島が3位に入るなど話題が多かった1年でした。

 広島が醸し出す“雰囲気”

 今季は11年ぶりに2ステージ制が復活しました。ファーストステージはスタートダッシュがうまく切れたチームと出遅れたチームがあったと思います。しかし、2ステージ制のおかげでスタートダッシュに失敗したチームも一度、流れを切る機会がありセカンドステージに向けてリスタートできましたね。シーズン中に監督が変わったチームもまだ取り返しのつくのが2ステージ制ならではのメリットだと思います。

 今季は年間1位の広島がチャンピオンシップを制しましたが、年間トップの勝ち点のチームが報われない可能性があるとの声もありますが、最後に大逆転が出来るという点が2ステージ制の醍醐味だと思いますね。
 
 先日のJリーグアウォーズにて、各賞の受賞者が発表され、J1リーグを優勝した広島勢が多くの賞を獲得しました。最優秀選手賞はMF青山敏弘でした。青山は佐藤からキャプテンを引き継いで、よくチームをまとめていたと思いますね。リーグ戦、チャンピオンシップを勝ち抜く中で、選手のモチベーションを保たせることに苦労したのかなと想像します。1プレーヤーとしても、本当によく汗をかき、チームを中盤の底から支えていました。それこそ、現役時代の森保一監督のような「そんなに目立たないけれども、寡黙にチームに貢献する」ところが称賛に値します。MVPに選ばれて当然だと感じました。
 
その中であえて、僕が思うMVPを挙げるならば佐藤です。これまでの実績を見ても分かる通り、彼は得点をあげてチームの勝利に貢献できます。加えて評価したいのは佐藤の姿勢です。交代で退く時に笑顔で、代わりに入る選手を送り出すのは、なかなかできることではありません。チーム内の信頼関係を感じますよね。

 そういう部分がうまく、若手の選手にも伝わって頑張れる。チーム全体としても交代することに違和感もなく、新しく入ってきた人間に「頑張ってくれ」という雰囲気があります。このムードを作ったベテランのうまさは素晴らしいなと思いました。
 
最優秀監督賞は森保監督でした。監督として4年目で3度のリーグ制覇ですから、名将と呼んでもいいと思います。選手のこと、チームのことを常に考えて行動している。その辺の手腕は、選手1人1人をよく観察していると感じます。しかし、これだけの成績を残せる理由として、森保監督の人柄も一因に挙げられるでしょうね。やはり選手にサッカーを楽しませて気持ちよくプレーさせるところと、ここが勝負どころという強弱を森保監督はきちんとわかっている。選手と監督がお互いを尊重し、思いやる部分が垣間見られないと選手もなかなかついていきづらいんです。押し付けるばかりではなく、受け入れながらいい方向に促してあげる。そういうチームマネジメントが森保監督の得意なところだったんでしょうね。
 
今季のタイトルはあと天皇杯が残っています。タイトな日程をこなしてきている広島は厳しいのかなと思います。27日現在で、広島を含め浦和レッズ、柏レイソル、ガンバ大阪がベスト4に進出しました。予想としては、浦和あたりがスルスルッとくるのかなと思います。今季ここまでタイトルを逃してしますが、最後のチャンスという点でチームの士気が高いのではないかなと思うんですよね。