先進国を狙う新型テロ「サイバー・パールハーバー」の脅威!

山田 敏弘 プロフィール

NSAのマイク・ロジャース長官は2014年11月、米下院情報委員会で「アメリカのインフラは攻撃を受けている」と語っている。そして大事なことは、「そうした攻撃が”起きるかどうか”ではなく、”いつ起きるか”の問題である」と述べた。

米サイバー軍の司令官も兼任しているロジャース長官はこうも主張している。「何か、目を覚ますような攻撃が、2025年まで(10年以内)に起きると確信している」。

テクノロジーとサイバー技術が進化する中で、世界はあと10年でデジタル・パールハーバーに対する準備ができるのだろうか。デジタル・パールハーバーの脅威は確実に迫っていると考えたほうがよさそうだ。

新メディア「現代新書」OPEN!