賢者の知恵
2015年12月30日(水) ステファン・アインホルン

75歳で人生を後悔しないために、いま自分に問うべきこと

“やさしさ”こそ、成功への近道

upperline
「やさしさ」という技術』著者のステファン・アインホルン氏

ノーベル賞の選考委員会を擁する世界トップ医大・カロリンスカ医科大学で「学生が選ぶ最優秀教授」にかがやいた名医・ステファン・アインホルン。彼が書いた『「やさしさ」という技術』は人口900万人のスウェーデンで30万部を超える売上を記録した。その一部を特別公開する。

<第一回はこちら>やさしさは”性格”ではなく”技術”だ! あなたの人生をときめかせる魔法のテクニック

* * *

なぜニューヨークの犯罪率は激減したのか

人間は生まれたときから、周囲の人をまねることで学び、成長していく。つまり、人間には模倣するお手本が必要だ。

周囲の大人が怒鳴り散らして怒る人ばかりだと、子供も大声で怒鳴り散らすようになる。不寛容な大人が周りに多いと、寛容であろうとは思わなくなる。ものごとを深く考えなくてもやっていけるとわかると、ものを考えないまま大人になる。

一方、周囲の人がものごとをじっくりと考えながら、思いやりの心で接してやれば、子供は同じように他人と接するようになる。私たちには、両親、兄弟姉妹、友人、先生など、模倣すべきロールモデルが必要だ。

「大人の場合、子供と同列には論じられないでしょう」とあなたは言うかもしれない。だが同じなのだ。自覚するかしないかにかかわらず、大人にも尊敬できてまねをすべきロールモデルが必要なのである。

尊敬できる上司、パートナー、有名人、親友など、自分にふさわしい人を選べばいい。思いやりのあるロールモデルを選ぶことが重要だが、あなた自身が他人のよきロールモデルとなることも重要だ。そう、周囲から見れば、あなたもロールモデルの候補なのだ。

他人のロールモデルとなることは、生涯を通じて引き受けるべき大きな責任である。どう行動すべきかを他人に示さなければならない。人は通常、自分が見たこと、経験したことにもとづいて行動するからだ。

ロールモデルにならって行動したことによって、ネガティブな結果を招くこともある。医学部の学生を対象にした、患者への共感力に関する研究がある。それによると、学生の共感力は、在学中に減少していることがわかった。原因は、ロールモデルとなるべき教員たち自身が共感力を失っていたことにある。

家族でも、学校でも、職場でも、いいロールモデルは周囲にすばらしい影響を与えることができる。よい行動、思いやりのある行動は、水面の輪のように広がっていく。指導的立場にある人の場合はなおさらだ。

作家のマルコム・グラッドウェルは、著書『急に売れ始めるにはワケがある』(邦訳はSBクリエイティブ刊)のなかで、人間社会で「変化」がどのように起こるのかを説明している。

グラッドウェルによると、カギとなる人物が、あるときそれまでとは決定的にちがう行動を起こす。それによって周囲の人々の行動にも変化が起こり、やがて流行病のように社会全体に広がっていくのだという。

次ページ 個性を変える必要はない
1 2 3 4 5 6 7 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事