AD special

【PR】日本人はリーダーシップを誤解している!

「アメリカ最高の教授」が明かす意外な資質

提供/日本アムウェイ合同会社

日本人は海外のビジネスパーソンに比べ起業へのモチベーションが低いといわれているが、雇用形態の多様化に伴い、起業という選択肢は広がりつつある。「起業家」になるためには何が必要か。グローバル・リーダー育成財団(Preparing Global Leaders Foundation)のプレジデントを務め、現在は米国ジョージタウン大学マコート社会政策大学院においてグローバルおよびカスタム・エデュケーション担当ディレクターを務めるサム・ポトリッキオ教授に話を聞いた。

世界のなかでも起業意識の低い日本人

 ベンチャービジネスの台頭によって、日本でも「起業」はより身近な存在になった。かつて日本では年功序列・終身雇用が一般的で、起業は一部の人がするものであったが、グローバル化と雇用の多様化が進む昨今、サラリーマンではなく自分で起業するという道を選ぶ人は、今や珍しくない。

 だが実際、日本人の起業における意識は、まだまだ低いのが現状だ。アムウェイ社が2009年から実施し、今年で6回目となる「起業に関する意識国際調査2015」によると、日本人の起業意識は世界44ヶ国中最下位で、「起業への関心・意識」をもっている割合は29%だった。世界平均の55%から大きくかけ離れており、日本人の起業へのモチベーションの低さが浮き彫りとなった。

 また、自己能力の肯定に関してはさらに低く、世界平均では約半数が自己能力を肯定しているなか、日本人はたった8%しか肯定していないという事実も浮き彫りになった。日本が起業に対して肯定的な社会だと考えている人の割合も、わずか3割しかいないことが明らかになった。

サム・ポトリッキオ 氏
ジョージタウン大学マコート社会政策大学院グローバルおよびカスタム・エデュケーション担当ディレクター。『Princeton Review』誌の「アメリカ最高の教授たち」のひとりに選ばれ、全米大学協会「アメリカの高等教育の未来を担うリーダー」のひとりに選出。ジョージタウン大学で心理学の学士号、ハーバード大学では神学で修士号、ジョージタウン大学では行政学で学士・修士・博士号を取得。

 ポトリッキオ教授は大学で教鞭を取るほか、世界各国で「リーダーシップ論」に関する講演活動などを行っている。高校や大学だけでなく、ビジネスパーソンに向けた講演で何度か来日しており、日本の印象については「教育水準も高く、グローバル・リーダーとしての基盤は十分にできている」と評価している。

「必要なのは、人びとが『自分たちもリーダーになれる』ということを理解し、マインドを起業家的な精神に変えていくこと。それができれば、日本人は、世界のなかでもっと競争力をもてる存在になるはずです」

 米国では高校生や大学生になりたい将来像について聞くと、スティーブ・ジョブズ、ビル・ゲイツ、マーク・ザッカーバーグといった、起業家として大成功をおさめた人たちの名前が挙がるというが、しかし、こうした起業家たちは、かつての起業家たちとは性質が異なってきていると教授は話す。

「歴史を振り返ると、かつてのリーダーたちというのは、ヒエラルキーの頂点にいてその下に従業員がついていくというのが一般的でした。しかし、今の時代では、リーダーと従業員たちは同列に存在しています。つまり、一方的な主従関係ではなく、信頼関係のなかでお互いにつながっている。この傾向はこれからも続いていくと思います」

リーダーは信頼関係を築き、問題を解決する

 ポトリッキオ教授は、今、リーダーシップにはこの「信頼関係」がもっとも必要だと繰り返し述べている。

「これからのリーダーは、問題解決者でなければならないと考えます。そのために必要なのが人間関係における信頼です。つまり、どんな肩書きやどんなポジションにつけるかが重要なのではなく、意見の不一致のある人や、違う視点を持っている人たちの間にも、信頼に基づいた人間関係を構築し、常にどうやって問題を解決していこうか、人びとのニーズを満たせるか、そういうことを考えていけるのが、これからのリーダーだと私は考えています」

 「問題解決者」という視点で見ると、日本にはリーダーに適した人材が非常にたくさん存在すると教授は指摘する。「リーダーシップはコラボレーション」だと高唱するポトリッキオ教授は、周囲と対話しながら周りの状況を改善していくことは、相手の気持ちを慮る文化土壌をもった日本人こそ、力を発揮できる分野だと捉えている。

「もちろん、内向的なタイプより外向的なタイプの方がリーダーであることは多いですが、内向的で典型的なリーダータイプではない人のなかにも、人生経験が豊富で、問題解決できるすばらしい可能性を秘めた人はたくさんいます。大声で雄弁なスピーチをして賞賛を受けることだけがリーダーシップではないということを日本人はもっと知り、そして自分に自信をもってほしい」

 日本人は教養があり誇り高い反面、保守的で失敗を怖れる傾向も見られる。先に紹介したアムウェイ社の「起業に関する意識国際調査2015」の日本独自調査によると、日本のサラリーマン志向のパーソナリティをもつ人は、失敗やリスクを怖れ、自分には新しいアイデアを生み出す知識や手法を持ち合わせていないと感じていることがわかった。起業家に対して十分な社会的ケアがないと感じている人も大半を占め、そのため、安定した生活と起業が相反するものとして捉えてしまう人が多いのだろう。

起業を目指して30代ですべきこと

 一方、起業家志向のパーソナリティを見ると、視野が広く多角的で、何度失敗しても、成功するまでさまざまなアプローチを試すという傾向がある。また、世界の成功した起業家は平均39歳で起業していることから、

「起業家を目指すなら、30代はその準備にもっとも適した時期」

 と教授は言う。では起業を目指すなら、具体的に30代に何をすべきか。3つのポイントを聞いた。

 1つめは「旅行」。海外に限らず、日本国内でもまだ訪れたことのない場所があるはずだ。そういった場所に積極的に出かけ、普段とは違った場所で違った考え方に触れることが大事だと教授は言う。普段見ないものを見ることで、さまざまなアイデアが集められるようになり、感覚が研ぎ澄まされる。

 2つめは「異文化交流」。自分の専門分野外の情報も貪欲に吸収すべきだと教授は話す。たとえば異業種間の交流を増やす、専門外の情報を積極席に学ぶなどして、概念の異文化交流を果たすこと。それが見聞を広げるチャンスにつながる。

 そして3つめは「悪環境に身を置く」。あえて苦手な分野や苦しい状況に自分の身を置くことで、失敗は決してこの世の終わりではないということが理解できるようになると、長期的な目標のために一時的に分の悪い状況に身を置いても耐えられるようになってくる。そして、どうなるか分からない状況ですら、ワクワク楽しめるようになってくるという。それこそ真のリーダーに求められる資質だといえよう。

 日本国内だけでなく、もっと世界にかかわり、リスクを受け入れる寛容力をもてば、日本人の可能性はさらに広がる。素晴らしい基盤を持った日本人だからこそ、世界の舞台でリーダーとして果たせる役割が必ずあるはずだ。起業は決して他人事ではない。

提供/日本アムウェイ合同会社