世界を見据えた五輪予選
~松原良香Vol.6~

松原良香にとってJリーグ2年目、1995年シーズンは、ふわふわした居心地の悪いものだった。

監督だったオランダ人のハンス・オフトとはそりが合わなかったと松原は振り返る。

「ぼくは監督とコミュニケーションを取りたいと思っていたのですが、向こうはノーでしたね。お前たちは俺の言うことを聞いておけばいい、という感じでした」

松原はそうしたオフトの態度に反発を感じるようになっていった。

94年シーズンに松原はほとんど途中出場ながら18試合出場7ゴールをあげていた。これは元イタリア代表のサルバトーレ・スキラッチの9ゴールに続き成績である。ウルグアイでは若手は結果を出せば、さらに出場機会を与えられた。ところが、翌シーズンは15試合出場と逆に減った。

「ゴールが欲しい場面で、他の選手が起用されるのが理解できませんした。結果を残しているのは自分ではないのかと」

シーズン終了後、不満を抱えて契約更改に行くと、なぜか年俸が上がっていた。「94年シーズンは結果を残したのに年俸は上がらなかった。どうなっているんだと思いましたね。これじゃ駄目だと」

松原の心の支えとなっていたのは、五輪代表だった。

95年5五月、アトランタ五輪アジア地区1次予選が始まっていた。日本代表はタイ、台湾代表とのグループBを勝ち抜いた。松原は全4試合に出場、5得点をあげている。

彼が遠くに見ていたのは、五輪に出場して国外のクラブから認められることだった。そのためには、ぬるま湯の環境にはいてはいけないと思っていたのだ。