ブルーバックス
研究者としてうまくやっていくのに必要な「研究以外」のノウハウとは?
長谷川修司=著『研究者としてうまくやっていくには』
〔photo〕gettyimages

研究室のボスは、あなたの何を評価しているのか?

理系の若者にとって「研究者」は憧れの職業。先輩や教授といった他人とうまく付き合い、研究室という組織の力を活かすのが、この職業で成功するコツだ。

本書は、「学生」「院生」「ポスドク」「グループリーダー」と段階を追いながら、それぞれのポジションでどう判断し、行動すべきか、実例を交えて案内する。研究に行き詰まっている人も、読めばきっとヤル気が出る!

はじめに

研究者は「奇人変人」なのか?

 私は物理学関連の研究者ですが、物理学の分野に限らず「研究者」というと、だいたい次のようなイメージを一般の人はお持ちではないでしょうか。

①研究者は、天才物理学者アインシュタインや映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に出てくる科学者「ドク」のように、髪はボサボサでヨレヨレの服を着て、見るからに普通の人とはちょっと違う「奇人変人」。

②研究者は、多くが大学教授や学者、研究所の研究員で、とても頭の良い人だけがなる特別な職業。

③研究者は、研究室や実験室に閉じこもってひとり黙々と研究に没頭し、自分の専門分野のことは世界一良く知っているが、世間一般の事情にはまったく疎く、世間話などしないし興味もない。理屈っぽく、筋が通らなければほんのささいなことでも噛みついてくるような、バランスの悪い人間。

 こういったイメージは、実のところ、大きく外れています。まず①について、私の周りを見ても確かに身なりに気を使わない研究者は多く、決してダンディとかエレガントといえる人が多くないのは当たっていますが、それでも「普通」の範囲を出ていないと思います。

 ②について、これも勝手に誤解されているようです。確かに中高校生の時には数学や理科がめっぽうできたという人は多いようですが、反対に国語や社会がまったくダメだったという人がほとんどです(少なくとも私の周辺の理工系の研究者たちは)。

 現代では、大学教員に限らず、企業の研究所や研究開発部、国立の研究所(今は独立行政法人になっていますが)などでたくさんの研究者が働いています。研究職は特別な能力を持った人たちがつく特殊な職業ではありません。

 ③は、実際、私も親類や知人からそのようなイメージで語られることがよくあります。国文科卒の私の妻など、私と何を話したらいいのかわからず、恐る恐る私とのお見合いの場に来たと言っていました。しかし、このとおり結婚していますので、このイメージは当たっていません。

 私は、大学だけでなく企業の研究所にも所属した経験があり、物理学関連の研究者としておよそ30年間やってきました。その間、内外のたくさんの研究者と付き合ってきましたが、研究者に対して一般の人が抱くであろう①〜③のようなイメージは当てはまらないと断言できます。

 本書は、こうした誤解を解いて、高校生や大学生、大学院生のみなさんに、怖がらずに安心して研究者を目指してもらいたいという思いをこめて書いています。

研究者としてうまくやっていく社会性

 ③のイメージとは逆に、研究者といえども普通の職業の一つですので、研究者以外の社会人と同じように一般的な常識や教養が求められます。

 研究者だからといって、非常識な格好や振る舞いが許されるのは映画やテレビドラマだけの話です。研究者以外の人とうまくコミュニケーションがとれなかったり、自分の専門分野のことしか語れなかったりというのでは社会人として失格です。