雑誌
性の先進国スウェーデンに学ぶ「幸福な”夜”の過ごし方」
革命再び!その文化と哲学の最新事情
〔PHOTO〕gettyimages

'70年代、ポルノ文化で世界に衝撃を与えたスウェーデン。いまや世界有数の幸福度を誇るようになったこの国の、最新セックス事情をお届けする。

セックス革命、再び

スウェーデンの「セックスフリー」は、全世界に衝撃を与えた。'60年代後半から'70年代前半にかけて世界中で吹き荒れた「性革命」の嵐のなかで、とりわけ最先端を走っていたのがスウェーデンの若者だった。

「それまではスウェーデンでもセックスは隠すべきもので、結婚するまでしてはいけないことだと抑圧されていたんです。それに反発するように女性解放運動が起こり、ピルが導入され、女性が妊娠を気にせずにセックスを楽しめるようになった。これで性規範がガラリと変わりました」(東京学芸大学研究員で、スウェーデン在住の中澤智惠氏)

女性は慎ましくあるべきだと言われてきたのが一転、女性は自らの性欲に忠実であることが社会的に容認された。女性のほうから自発的に男性をセックスに誘い、快楽を求める。スウェーデンは「愛と悦楽の国」として世界に認められた。その熱気は極東の島国まで届いた。「スウェーデンポルノ」に胸を躍らせ、北欧への憧れを募らせる少年が続出したのだ。

あれから半世紀近くが過ぎ、かの地の「性革命」の旗手たちも年を取った。だが、その情熱は失われてはいない。今もなお、彼らの性の世界には革新が続いている。

「ED治療薬が、スウェーデンの中高年カップルに再び革命を引き起こしました。勃起力の減退で、お互いの愛撫だけに留まっていたセックスが挿入を伴うようになったのです」(スウェーデン人ジャーナリスト)

イエテボリ大学に所属するニルス・ベックマン氏が'08年に発表した論文によれば、70代の男女は「現役」で性生活を楽しんでいるという。

ベックマン氏が言う。

「スウェーデンの70代男性は実に66%が積極的な性生活を経験しています。'70年代には47%でしたから、割合は当時より増えているのです。同世代の女性も'70年代には12%だった割合が36%と、3倍近く増加しています。

性生活を楽しんでいるのは、70代だけではありません。90代男性の26・7%、女性の4・7%が性的な興奮や情熱といった感情を維持していることもわかりました」