先進国の大貧困と空き家の2020年問題
〜“一億総当事者”時代に必読の3冊

リレー読書日記・熊谷達也
〔PHOTO〕gettyimages

パリの同時多発テロのニュースに、どうしたらこの世界から戦争やテロを無くすことができるのだろうと憂いつつも、ごく身近な問題で頭を悩ますことに殆どの時間を費やしているのが私たちである。たとえば昨日の私の1日はこんな具合だ。

グループホームに入所している父親の3ヵ月に1度の通院に付き添うために、早朝車で仙台を発ち(片道二時間はかかる)、その足で別のグループホームに入所している母に面会に行き、2人のマイナンバーや介護保険の手続きのあれこれで総合支所(合併前は町役場)に立ち寄り、最後に実家の状態をチェックして仙台の自宅へ戻ると、やれやれ、すっかり夜になっていた。そんな日々での、近い将来の悩みの種は、実質的に空き家状態になっている実家を、この先どうするか・・・・・・。

実は、すでに我が家では、もう一軒空き家を抱えている。函館にある妻の実家だ。どちらの家も売却は無理だろう。建物自体がかなり傷んできているし、そもそも買い手がつくような立地条件にない。したがって、たとえアパートに建て替えたとしても、入居者は絶対に見込めないと自信を持って言える(自信を持ってどうするのだ!)。

さらには、街場ではないので、コインパーキングにするのも無理。いったいこの先どうしたらよいのだと悩みつつ、問題の先送りをしている日々である。

おそらく、私と同じような悩みを抱えている人は、日本全国に沢山いるに違いない。と思っていたら、まさしくその通りであることを明確にしてくれたのが『空き家問題―1000万戸の衝撃』だ。

サブタイトルにあるように、東京オリンピックが開催される2020年には、この国は1千万戸もの空き家を抱えることになるらしい。しかも、過疎が進む田舎に限った話ではなく、むしろ、東京や大阪などの大都市圏で爆発的に空き家が増える見込みだというのだから、事態はいっそう深刻だ。

不動産に対する以前の価値観(所有していれば資産価値が増すという一種の不動産神話)がとうの昔に崩壊しているにもかかわらず、固定資産税や相続税などの税制が現実に対応できておらず、この国の仕組み自体に問題があるのだという本書での指摘は、非常にわかりやすく、そして鋭い。