プレミア12韓国戦、敗因は「継投ミス」ではなかった!〜日本野球が抱えるもっと深刻な課題
野球日本代表に「ジャパン・ウェイ」はあるか
〔photo〕gettyimages

文/上田哲之

プレミア12準決勝の「あの場面」

「今のは、ちょっとないですよねえ」

 テレビ中継の解説者だった佐々木主浩さんが思わずつぶやいた。

 11月19日。日本代表が悪夢の大逆転負けを喫したプレミア12準決勝、日韓戦でのことだ。

 この試合、日本は先発・大谷翔平が韓国打線を完膚なきまでに牛耳り、3-0とリードして9回表、韓国の最後の攻撃を迎えた。8回からリリーフに立った則本昂大もほぼ完璧な投球で、誰の目にも逃げ切りは決定的と思われた。

 ところが、ご承知の通り、9回表に則本がつかまる。8番から始まる攻撃で韓国は代打策に出て、8、9番が連打。無死一、二塁で1番に戻って、鄭根宇は3塁線にタイムリー2塁打。3-1。なお無死二、三塁で2番の左打者・李容圭を迎える。則本は1-2と追い込んだあとの4球目、インハイのストレートが死球となって、なんと無死満塁の大ピンチになってしまった。

 冒頭の佐々木さんの言葉は、このとき出たものである。則本のストレートは左打者のインハイぎりぎりいっぱいのストライクに見えた。打者はいったんスイングに行ってから、このボールをよけており、当たっていないようにも見える。主審の死球の判定は、たしかに微妙だった。

 この死球の代償はあまりにも大きかった。ここぞと盛り上がる韓国ベンチ。日本は急遽、松井裕樹をリリーフに送る。

 正直言って、投げる前から押し出しだろうな、と思いました。3番金賢洙が左の好打者だから左腕・松井を起用したのだろうけれど、プレミア12での松井の状態から考えて、荷が重いのは目に見えていた。

 案の定、押し出し四球。さらにリリーフに立った増井浩俊も打たれていっきょ4点を奪われ、大逆転負けを喫したのでした。

「継投ミス」とは言い切れない

 試合後、小久保裕紀監督は、自分の継投ミスだと、自ら敗戦の責任を負う発言をした。たしかに、責任は監督にあるのかもしれない。しかし、それは「継投ミス」というたぐいのものだろうか。