[パラスポーツ]
伊藤数子「スポーツが人生を「カラー」にする」

~金沢ベストブラザーズ20周年~
(パーティーには懐かしい顔が揃った)

 先日、電動車椅子サッカーチーム「金沢ベストブラザーズ」の設立20周年記念パーティーが開催されました。金沢ベストブラザーズはSTAND設立のきっかけにもなったチームです。2003年、このチームの試合を初めてインターネット生中継しました。それがSTANDの初めての事業です。パーティーに参加して、私はSTANDを始めた頃のことを思い起こしていました。

 チーム創立者は神島雅樹さん、宏行さんのご兄弟です。2人は重度の障がいがあり、残念ながら、すでに亡くなっています。神島兄弟が始めた金沢ベストブラザーズには、その後様々なメンバーが加わっていきます。

 現会長兼選手の畠幸江さんは、以前は施設で暮らしていました。競技を始めてから、生活は変わり、1人暮らしをするようになったのです。彼女は電動車椅子サッカーを通じて、負けて悔しさがこみ上げてくることや、勝って嬉しいという気持ちになることを知りました。施設には安全な暮らしがあります。しかし、悔しい、嬉しいという感情は、ほとんどなかったのです。本人も「きっとサッカーをやっていなかったら、こんな気持ちを味わうこともなく過ごしていただろうと思います」と話していました。

 他のメンバーにも「カラオケに行けるようになった」「打ち込めるものに出合い、生活に張り合いができた」「オンとオフができて生活が充実した」という人もいます。電動車椅子サッカーと出合ったことにより、“あんなことも、こんなこともできる”と世界が広がった。スポーツというものが生活に入ってきただけで、彼らの人生に彩りを加えたのではないでしょうか。

 創立者のひとり神島雅樹さんに、生前インタビューをさせていただいたことがあります。当時、雅樹さんは高校を卒業した頃でパソコンを使って様々な資格を取得していました。その理由を訊いたところ、「これまで僕は両親に世話になってばかりで暮らしてきた。学校を卒業すると、みんなは働きに出る。でも僕は働けないので、両親に何の恩返しもできない。でも、じっとしていても何も始まらない。資格をとったらそれを活かして、何か仕事ができるかもしれない。100円でも、1000円でもいいから、働いてお金を得たい」という答えが返ってきました。

 約20年前の当時は障がい者、特に重度障がい者が働くのは困難な社会でした。それでも雅樹さんは、じっとしていてもしょうがないと思い、資格を取って何とか働けないかと考えていたのです。「次はこの資格を取る」と、いつも言っていました。多くのことに挑戦してきた彼が始めたのが電動車椅子サッカーだったのです。