経済の死角

16分で年間被曝限度突破!福島第一原発「超高濃度汚染の作業現場」

東電が公表しなかった毎時900ミリシーベルトの
驚愕事実!作業員は死ね、と言うつもりか

2011年05月14日(土) フライデー
friday
upperline
廃墟同然となった3号機周辺の瓦礫を撤去する作業員。900ミリシーベルトという高濃度の放射線が計測されたのは、この付近だ(東京電力提供)

 これまで東京電力(以下、東電)が隠してきた、汚染し尽くされた福島第一原発内の実態の一つが明らかになった。

 東電が福島第一原発の「汚染地図(サーベイマップ)」を発表したのは、4月23日のこと。作成したのは4月20日だが、東電は3日も遅れて公表したのだ。しかも、このマップは敷地内の約230ヵ所で測った放射線量を示したもので、「免震棟」(鉛のシートで放射線を遮断した原発内の特別な建物)などに定期的に貼り出されるのだが、3号機近くに散乱した瓦礫から毎時900ミリシーベルトを測定したことが明記されていたのである。

 今回の原発事故で、国は作業員の年間被曝量の限度を250ミリシーベルトと定めた。900ミリシーベルトとは3号機近くに16分ほどいただけで、1年間の限界を突破する超高濃度の放射線なのだ。4月21日には3号機原子炉建屋前で瓦礫の撤去作業が行われたが、作業員にとっては命に関わる問題だ。

 福島第一原発で10年近く働いている東電の協力会社の作業員・牧田正氏(30代、仮名)が、この数値を知って憤る。

「東電がこんな恐ろしいデータを隠していたとは、俺たち作業員に『死ね』と言っているのと同じじゃないですか! 冗談じゃない。納得できないので、元請け(親会社)の所長に『どうして隠していたんですか』と聞きました。すると『Jヴィレッジ(福島・楢葉町にある事故対策の拠点)の入り口にあったじゃないか』と答えたんです。

 確かにJヴィレッジの入り口には、サーベイマップが貼ってあります(2ページ写真)。でも同じボードには、防護服の着方や各社の作業員の動向などさまざまな情報が掲示されていて目立たない。命に関わる、重大なデータでしょう。東電が俺たちに本気で伝えようと思ったら、もっと確実な伝達方法がいくらでもあるはずです」

次ページ  牧田氏は「事故後の東電は、何…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事