[サッカー]
大野俊三「チームとして完成度が高い広島」

 2015明治安田生命J1リーグセカンドステージが終了し、サンフレッチェ広島が優勝しました。年間総合1位も獲得した広島は、森保一監督体制となって4年目です。昨年と同じコンセプトで戦えたことが強みでしょう。DFラインからボランチの守備面にあまり大きな変化がなく、さらに熟成されていきました。そこにアクセントとしてFW陣の頑張りが加わった完成度の高いチームです。

 優勝を決めた最終節ではFWの佐藤寿人がJ1最多得点記録に並ぶ157点目を決めました。佐藤はゴールに対する意識を常に持ち続けていて、絶えずこぼれ球も狙っています。ボールが来ない時には引いて受けたくもなりますが、裏を取ろうとする動き出しをやり通している。ゴール前での勝負強さや嗅覚も素晴らしいです。やはり“得点を多く取れる選手”だなと思います。

 リーグ戦の日程が終了して、今季から11年ぶりに復活するチャンピオンシップの出場チームは広島、浦和レッズ、ガンバ大阪に決まりました。初戦となる準決勝は28日の浦和vs.ガンバ(埼玉スタジアム2002)カードです。この試合の勝者が広島とのホーム&アウェー方式の決勝戦を行ないます。

 準決勝は、試合開始とともに攻勢をかける浦和に対し、カウンターを繰り出すガンバといった展開になるでしょう。僕の予想ではガンバのカウンターが決まり、前半は1-0。後半に浦和が巻き返してくるのではないかと見ています。接戦になるでしょうから、スコアは浦和の2-1といったところでしょうか。

 勝者を迎え撃つ広島ですが、決勝では分があると思います。唯一の懸念材料と言えば、選手のケガでしょう。それほど今の広島には安定感は揺るがないでしょう。ラフプレーが少ない広島に退場者が出るとは考えにくい。そうなると、ケガによるアクシデントさえなければ、広島が優位な気がします。

 僕も経験したことがありますが、チャンピオンシップの雰囲気は独特ですね。リーグ戦とは違った“負けられない”という空気はもちろんですが、大事なのはチームの入り方でしょう。先取点を取った方は楽になりますし、もう一方は当然、リスクを負ってでも点を取りに行かないといけない。それが焦りに変わり出すと、絶好のシュートチャンスも、外してしまうことも多々ありますからね。