オリンピック テロ
東京五輪を「フードテロ」が襲う!~逃げられない、防ぐ手段がまだない・・・爆破テロより深刻
【PHOTO】gettyimages

東京五輪が「フードテロ」の標的に!?

多くの犠牲者を出したパリでのテロ。日本も他人事ではない。危機管理の専門家からは「日本でフードテロが起こるリスクが高まっている」と指摘する声が出始めているのだ。特に2020年に開催される東京五輪がその標的となるリスクが高いそうだ。

「フードテロ」とは、農産物などの食品に毒物などを意図的に混入させて無差別の殺傷を狙う卑劣な行為。実は北京五輪もロンドン五輪もこのフードテロ対策に神経を尖らせていたため、専門の担当者を置き、北京五輪後にロンドン五輪も同じ担当者にリスク管理を任せていたが、日本は「フードテロ」への危機意識が乏しく対策も不十分だ。

具体的に想定されているのが、選手村の食事へのテロ行為だ。当然ながら調理場では衛生管理を含めて、外部の人間の入退室の管理は行われるだろう。さすがに、その程度は日本も対策を打つはずだ。

問題は、食材の調達、輸送段階での安全管理だ。テロを目論む輩はそこを狙ってくる可能性が高い。しかし、政府も民間も日本はこうした分野でのリスク管理は苦手で、リスクだという意識すらない。

日本がフードテロ対策に無頓着なのは、食品の安全管理の発想や手法が国際標準からずれていることとも大いに関係している。日本の農業関係者はよく「日本人が作った国内産の農産物は安全安心」と言うが、これは所詮イメージに過ぎない。安心・安全を証明するには科学的根拠が必要だ。

また、日本の農作業の現場には「研修生」の名目で多くの外国人労働者が来ており、そこにテロリストが入り込可能性もある。

断っておくが、これは外国人労働者への偏見ではなく、あくまでテロリストが入り込むリスクがあるということである。事細かに、その外国人労働者の経歴などをチェックして雇用しているわけではないのが実態だ。

そもそもなぜ日本人が作ったから安全と言えるのか。かつてアグリフーズで起こった冷凍食品へ農薬を意図的に混入させた事件は、犯人は日本人契約社員だったではないか。