プレミア12で見えた侍ジャパンの課題
世界一の栄冠を取り戻すために
〔photo〕gettyimages

 世界野球WBSCプレミア12で初代王者を目指した日本代表は、準決勝で韓国代表に3-4で敗れました。先発の大谷翔平(北海道日本ハム)が7回まで無失点に抑え、9回まで3点のリードを奪っていただけに、悔しい思いでいっぱいです。

慎重さに欠けた選手起用

 敗因を分析すると、やはり注目すべき点は、準決勝での継投策です。ブルペンには、山崎康晃(横浜DeNA)、澤村拓一(巨人)、松井裕樹(東北楽天)、増井浩俊(日本ハム)と4人のクローザーが控えていたのにもかかわらず、敢えてクローザー経験のない則本昴大(楽天)を2イニングいかせた。この采配が勝敗を分けました。

 3点のリードを守り抜けなかった継投策には様々な意見が飛び交っていますが、そもそも小久保裕紀監督は新人監督です。選手としてのキャリアは申し分ないのですが、監督としては経験値がゼロ。それなのに、いきなり「世界一を獲れ!」というのは求めるものが大きすぎたのかもしれません……。経験の浅さが要所要所に垣間見えました。

 まずは人選です。招集した13人の投手のうち、9人が先発専門、4人が抑え専門。中継ぎ投手をひとりも呼びませんでした。2009年WBCの連覇に貢献した山口鉄也(巨人)や、今季の日本シリーズで見事なリリーフをみせた千賀滉大(福岡ソフトバンク)を呼んでいたら、試合の終盤を楽に運べたでしょう。適材適所の選手がいることを、人選の段階で念頭に置かなければなりません。

 起用法に関しても同じことが言えます。継投に関しては、松井と則本に信頼を置きすぎました。これが結果的には裏目に出たと言えるでしょう。ルーキーの山崎は準決勝まで2試合に登板し、いずれも三者凡退と素晴らしい内容だったので、大事な場面で使わないのは勿体なかったです。

 代打を出すポイントも気になりました。準決勝でスタメンだった松田宣浩(ソフトバンク)には明らかに疲労困憊のオーラが漂っていました。3打席連続ノーヒットだった時点で次の手を打たなければなりません。ベンチには今季セ・リーグ首位打者の川端慎吾(東京ヤクルト)が控えていたのにもかかわらず、一発が出ることを期待して交代しなかった。結果、7回に2死一、三塁で回ってきた4打席目もレフトフライに終わりました。

 指揮官が選手を信頼することは大切です。しかし、その時々で選手のコンディションは異なるので、状況によってベストな判断ができなければなりません。報道によると小久保監督は続投らしいので、今回の経験を糧に巻き返しを期待したいです。