現代新書
炭水化物抜きダイエットはやっぱりキケン!? 虚実入り混じる「食」の情報、その真偽をただす
【前書き公開】『食をめぐるほんとうの話』
〔photo〕iStock

いよいよ忘年会シーズンの到来です。仕事のつきあいで、つい飲みすぎたり食べすぎたりしてしまう人も多いのではないでしょうか。

この時期、テレビでよくウコンやトクホのお茶のCMを見かけます。みなさんはなぜウコンが悪酔いを防ぐか、ご存じですか? また、トクホのお茶が脂肪分の吸収を減らし、ビタミンCが風邪に効く、あるいは、セサミンが老化防止に役立つしくみについて、知っていますか?

そんな素朴なギモンとともに、虚実入り交じった情報を科学に基づいて整理した新刊食をめぐるほんとうの話が、健康で長生きするための必読書として話題を呼んでいます。飲みの席で同僚や部下にうんちくを語るのにも役立つ同書より、前書きを特別公開。盛り上がること、うけあいです!


序 食をめぐるミステリー――炭水化物抜きダイエットの罪

2015年10月26日、WHO(世界保健機関)はベーコンやハム、ソーセージなどの加工肉を一日に50グラム以上食べると、結腸や直腸のがん=大腸がんにかかるリスクが18パーセント高まると発表しました。

WHO傘下のIRAC(国際がん研究機関)が世界800の研究をまとめた結果だそうで、加工肉の発がん性は喫煙やアスベストほど深刻ではないものの、明確だとしています。また牛、豚、馬などの赤み肉もおそらく発がんの可能性があるだろうとしています。唐突な発表でドキッとさせられますが、IRACでは私たちが日常的に接するお酒や化粧品の素材、車の排ガスも発がん性の可能性ありとしています。

とはいえ、日本ではすでに30年以上前から、食生活の欧米化=肉類の摂取量の増加、野菜の摂取量の減少が大腸がんを増加させていると指摘されており、肉類云々は今さらの感があります。

困ったことに、こうした食材に関する研究発表や報道では詳細が説明されないのが常です。「説明しても素人にはどうせわからない」と思っているのかもしれませんが、いったい加工肉の何が悪いのか、他の食材との関連はないのか、そういったファクトが示されないまま、単に「加工肉でがんになる」といわれても、私たち消費者は不安が募るだけなのです。

こうした断片的なもののみならず、世の中には食をめぐるさまざまな情報が溢れています。たとえば――。

家系ラーメンで中高年がポパイに!?

東京都内の中高年バドミントン愛好家らの間で、今から10年ほど前、夜に試合がある日の昼に「家系ラーメン・大盛り」を食するのがひそかに流行りました。

バドミントンは試合の過酷さでは他に類を見ない激しいスポーツです。バドミントンと似たコート競技であるテニスなら、何度かラリーをしているうちに相手がどう頑張っても追いつけないキラーショットが生まれ、ラリーが延々と続くことはほとんどありません。

ところが比較的コートが狭く、構造上、落ちる間際に急激にスピードが減少する羽根(シャトルコック)を飛ばすバドミントンでは、どんなに厳しくコーナーをつかれても、あるいは前後に揺さぶられても、ダッシュすれば何とかシャトルに追いつけてしまいます。

そのためラリーがはてしなく続き、どちらかが倒れるまで終わらないデスマッチとなり、これが中高年にはきついのです。ポイント21点先取でワンセット、2セット先取でゲームオーバーとなりますが、若者との試合ではワンセットももたず、息も絶え絶えになってギブアップしてしまうのが常。

ところが、横浜に端を発して関東全域に広がった濃厚豚骨系の「家系ラーメン・大盛り」を食べると、持久力がアップし、ワンセット終わるまで息切れしないという評判が広がったのです。ラーメンをそのまま食べるのではなく、店が無料で提供している「すりゴマ」と「おろしニンニク」を大さじ何杯も追加して食べる。すると、ホウレンソウの缶詰を食べたポパイのように元気になったという――。

その現象は確かに中高年バドミントン愛好家らに顕著に現れました。それまで中高年ペアとの試合となると余力を残していた若者たちが、自分の親と同じような年齢のおじさんたちに「間違っても体力負けするわけにはいかない」と、気を引き締めて試合に臨むようになったのです。

中高年の誰もがこの結果を喜びましたが、では、その持久力増進効果を発揮したのがゴマなのか、ニンニクなのか、それとも両方なのか、はたまた大盛りがそのエネルギーの源泉だったのか――誰にもわかりませんでした。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら