[ボクシング]
杉浦大介「日本人ボクサーは“次の段階”に進めるか ~三浦隆司vs.バルガス、ラスベガス決戦を前に~」

(試合直前、三浦、バルガスは精悍な表情で健闘を誓い合った Photo By Kotaro Ohashi)

11月21日 ラスベガス マンダレイベイ・イベンツセンター
WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
王者
三浦隆司(帝拳/29勝(22KO)2敗2分)
vs.
同級1位
フランシスコ・バルガス(メキシコ/22勝無敗(16KO)1分)
 

「(見せたいのは)豪快な試合です。日本でもそうなんですけど、自分の豪快なスタイルを見て喜んでもらいたいですね」

 5度目の防衛戦を目前に控えた11月19日――。マンダレイベイのホテル内で行われた会見後、“アメリカのファンに、どんな姿を見てもらいたいですか”と尋ねると、三浦隆司はそう答えた。

 願い通りになったとすれば、試合後には多くのことが変わっていくのだろう。用意されたのは、ミゲール・コットvs.サウル・“カネロ”アルバレスという超メガファイトのセミファイナル 。入場券12,000枚は、ほぼ完売状態。アメリカ国内のペイパービュー売り上げは50万件を超えることが有力で、世界的にもかなり多くの人がこの試合を見るはずだ。

(メインだけでなく、前座にもギジェルモ・リゴンドーのような大物が登場するビッグステージだ Photo By Kotaro Ohashi)

 この正真正銘の大舞台で印象的な勝ち方をすれば……その時には、熱しやすいボクシング界において、タカシ・ミウラの名は一躍ビッグネームになるはずである。

 全世界に競技人口を誇り、真の意味で“ワールドワイドなスポーツ”と言えるボクシング。しかし、過去の日本人王者たちは“世界王者”とは言っても、ほとんどのタイトルマッチを日本国内で行い、知名度的にも国内限定だった。特に一般的にボクシングの“本場”と呼ばれるアメリカに、日本人ボクサーが立つ機会など、ほぼなかったと言ってよい。

 ところが、近年はそんな風潮に明白な変化が見える。

 2011年4月、HBOのPPVに登場した石田順裕が、トッププロスペクトとして評価の高かったジェームス・カークランドを1ラウンドKOで下したことがきっかけのひとつとなった。2011年10月には西岡利晃がラスベガスに渡って2階級制覇王者のラファエル・マルケスと対戦し、3-0の判定勝ち。アメリカ本土で防衛を果たした日本人初のボクサーになるとともに、世界的な評価を勝ち得ることにもなった。

 その他、下田昭文、粟生隆寛という帝拳ジム勢も米リングでタイトルマッチを開催。荒川仁人、チャーリー太田といった中量級ボクサーたちを、果敢に海外に送り出し続けた八王子中屋ジムの頑張りも忘れるべきではない。

 最近ではアル・ヘイモンと契約した亀田和毅も一定の評価を勝ち得ることに成功した。さらに11月7日には、村田諒太がラスベガス、小原佳太がマイアミで試合を行い、それぞれ存在感を誇示したことも、まだ記憶に新しい。

 こうしてアメリカのリングに上がるのが珍しいことではなくなり、その過程において、日本人ボクサーへの過小評価傾向はかなり薄れた。常にトップコンディションで、最後まで諦めずに好試合を演出してくれる。そんなサムライたちを起用するのに、抵抗を覚えるプロモーターなど、もはや存在しないだろう。