東京にやってきた外国人観光客が不満に思うこと
パリと東京、その都市生活の決定的な差とは?
〔PHOTO〕gettyimages

東京にもっとエンターテインメントを!

死者129名という、パリにおける悲惨なテロは、世界中に大きな波紋を呼んでいる。各国で治安対策が強化され、スポーツの試合やコンサートなどのイベントが中止に追い込まれたり、爆破予告で航空機の運航が止まったりしている。

このような事態は、市民の日常生活に大きな不便をもたらすとともに、経済にも暗雲を投げかけている。いうまでもなく、観光産業にとっては大打撃であり、日本でもインバウンド(訪日外国人客)2000万人という目標が少し遠のくことになりかねない。

パリのテロは、金曜日の夜を狙ったものであったが、それは市民が夜にも生活を楽しむという、フランス人の生活様式を念頭に置いた上でのことである。

私も20歳代の頃にフランスで勉強し、生活したのでよく分かるが、フランス人ほどワークライフバランスを徹底してきた国民はいない。週40時間労働制、2週間の有給休暇も1936年に成立したレオン・ブルムの人民戦線内閣で導入された。今では1年に1ヵ月まとめて夏休み(ヴァカンス)をとることが一般的になっている。

それでも、日本人よりもフランス人のほうが豊かであることについては、前々回の本欄で述べた通りである。とくに、各種エンターテインメントの多さは日本の比ではない。

私も、パリで生活していたときには、毎晩のようにコンサートに通っていた。毎日どこかで演奏会がある。世界的なスターからコンセルバトワールの学生までピンキリであるし、演奏会場も大・中・小たくさんある。

その点で言えば、東京の舞台、演奏会場、芝居小屋などが今後改修や閉鎖で減っていくことに私は大きな危機感を持っており、対策を講じるようにすでに関係部局に指示してある。