これが最強の食事法!超人ヒクソン・グレイシーが実践した「グレイシー・ダイエット」とは?
アルカリ性になる組み合わせで食べよう

グレイシー一族伝統の食事法

2015年12月29日と31日、さいたまスーパーアリーナで「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015さいたま3DAYS」が開催される。大晦日、地上波で格闘技が放送されるのは5年ぶりとなる。

スター級の選手たちが続々と参戦を表明する中、レスリング選手・山本美憂の息子山本アーセンと、ヒクソン・グレイシーの息子クロン・グレイシーの対戦が発表された。

それに伴い、ヒクソンが緊急来日!同じく格闘一家の遺伝子を持つアーセンとの対戦に、「非常にいいタイミングでマッチメイクができた。二人ともこの試合を通して大きく成長してくれたら嬉しい」とコメントし、二人の健闘を祈った。

アスリートの風格は現役選手にまったく負けていないヒクソンだが、「今はもう激しいトレーニングはしていません。体を動かすのは柔術を教えるときと、趣味のサーフィンをするときくらいです」とのこと。現役時代はストイックさで有名なファイターだったが、当時は食生活に相当気を遣っていたことだろう。

「グレイシー一族には、『グレイシー・ダイエット』という伝統的な食事法があります。この方法は、『これだけは絶対食べてはいけない』とか、そういうものではありません。体内で消化した食べ物が酸性にならないよう、食べ合わせに気をつける方法です」