[野球]
白戸太朗「褒めることだけが解説!?」

現役時代は頭脳派捕手としてヤクルトの5度のリーグ優勝、4度の日本一に貢献した古田氏

 ようやくプロ野球のシーズンが終了したかと思ったら、世界野球WBSCプレミア12がスタートした。ファンとしては有難いが、選手はオフも休めず大変だろう。国内の戦いだけに終わらず、世界と戦っていくのは、現在のスポーツでは当然の流れである。野球界も遅ればせながら、そんな潮流に合わせてきたという事で、新たなファンを確保してほしい。

 そんなプレミア12の試合で解説を務める古田敦也氏のコメントに賛否両論の意見が飛び交っているようだ。優秀な選手であった古田氏は、自分が納得できないプレーをした選手に対して「最悪ですね」とかなり厳しい言葉を発した。それについて「冷たすぎる」「冷静さに欠く」といった声もあるという。確かにやや大人げないのかもしれないが、ダメなプレーには「ダメ」と言い切るのは批判されることなのか。この話を聞いた時、同じような例が身近であったことを思い出した。

 僕がJ Sportsでサイクルロードレース中継を担当してから16年になるが、初期の頃に解説者としてお世話になった方は毒舌だった。本人の実績は申し分なく、それまでいたどの選手よりも世界のレースで実績を残されてきた方だ。自分が走れたことはもちろん、経験も豊富なだけに、自身が納得できない走りや、動きをする選手やチームに対しては手厳しかった。「これはダメですね」「これではプロじゃない」と言い放つこともしばしば。横で聞いている僕は、ひやひやしたものだ。

 だが聞いていて、彼のロードレースへの愛は人一倍強く、褒める時は褒めるので個人的には好感を持っていた。ただ、視聴者からの意見は二分した。評価する方もいた一方で苦情も沢山きていたようだ。さすがに当時のプロデューサーも本人に話したのだが、「ダメなものはダメと言うのが解説」というスタイルは変わらず、番組から少しずつ疎遠になっていってしまった。