三田紀房/コルク
AD specal

【PR】 財前孝史(インベスターZ)× 宗正彰 始めよう投資信託セミナー

<第2回>リスクを軽減する仕組み

「SMAM投信直販ネット」HP
「SMAM投信直販ネット」Facebook
提供:三井住友アセットマネジメント

左)宗正彰(むねまさ・あきら)三井住友アセットマネジメント株式会社オンラインマーケティング部長。信託銀行にて、運用企画/ファンドマネージャー/株式アナリスト等を歴任後、事業会社役員を経て当社入社。投信マーケティングやブランディング戦略の企画・立案・推進に携わる。ラジオパーソナリティとしても活躍中。
右)財前孝史(ざいぜん・たかし)週刊モーニングで連載中『インベスターZ』の主人公。北海道札幌市にある中高一貫の進学校、道塾学園に通う中学1年生。入学するや投資部にスカウトされ入部。100億円の運用を任された。
週刊モーニングで連載中の人気投資マンガ『インベスターZ』。主人公の財前孝史に、三井住友アセットマネジメントのオンラインマーケティング部長・宗正彰氏が投資信託の特徴やポイントを伝授! 資産運用や投資信託にチャレンジしたいと思っているビジネスパーソン必見の特別対談の第2回目をお届けします。(第1回はこちら

投資対象を分散した投資信託を選ぶ

財前 前回は投資信託の仕組みについてお聞きしました。本来は投資家が自分でやらなければいけないことを専門家が代わりにやってくれ、少額から始められる非常に“取り組みやすい金融商品”なんですよね。でも、資産が目減りする可能性もあるので少し不安です。できるだけ確実に資産を増やす秘訣はないのでしょうか。

宗正 資産を増やしたいから運用するわけで、資産を減らしたくないというのは当然だよね。でも、いい方法があるんだよ。それは「安いときに買って、高いときに売る」。それができれば、大きな利益を得ることができるよ。

財前 それはそうだけど、それって簡単じゃないですよね。先輩にも教わりましたが、人間は株価が上がってくると強気になるから高値でも買うけど、下がり始めると不安になって手がでない。結果、「高値で買って安値で売る」ことが多いんでしょ。

宗正 その通りで、市況の変動を予測することは難しい。ベストなタイミングを選ぶために、最初から諦めるのも一つの考え方だ。無理なことにエネルギーを使うのは無駄だからね。それよりも、確実に得になることがわかっていることをやる方が合理的。それは結論からいえば、リスクを可能な限り減らすということなんだ。

財前 リスクを減らす、ですか。投資信託は株式や債券など日々価格が変動する市場で資金を運用するから、リスクは避けられないと思うんですが、そんなことができるんですか。

宗正 リスクをゼロにすることはできないけど、低下させる方法はいくつかあるんだ。まずは投資対象を分散させる。投資信託はファンドによって分散の仕方はさまざまなんだ。株式だけに投資するものもあれば、債券、不動産投信へ投資するものもある。また、投資地域も日本やアメリカなど特定の国や地域だけで運用するものがあるほか、先進国や新興国だけで運用するものや、さらには世界中の市場で運用するものまでさまざまなんだ。

財前 そうか、わかりました。そのなかでこれから値上がりが期待できる市場や地域で運用するものを選べばいいわけですね。

宗正 これもさっきのベストのタイミングを事前に予測するのが不可能なのと同じで、なかなかできることじゃない。とくに初心者にはね。予測が当たれば資産は増えるけど、思惑が外れると大きく減らしかねない。そうなることを防ぐためにできるだけ投資対象を分散させた投資信託を選ぶ方が、リスクが少なくなるんだよ。ただし、やみくもに投資する銘柄を増やしたり市場を広げたりすればいいわけじゃない。価格の動きが異なる投資先を複数組み合わせることが重要。そうすることで、一つの資産の値下がりを別の資産の値上がりでカバーできるだろ。

財前 投資信託選びが重要と言うことですね。

宗正 その通り。投資では資産を増やすことは大切だけど、それ以上に損をしないことの方が重要。とくに初心者は損をすると、投資すること自体が嫌いになる可能性がある。それを避けるためには欲ばるよりも確実性を重視した方がいい。ちなみに三井住友アセットマネジメントの直販ファンドはすべて世界中の株や債券に分散投資するものばかりだから、そうしたものを選ぶのも一つかもしれないね。

財前 確かに投資信託は、複数の銘柄に投資して安定的な運用をするために生まれた金融商品だから、投資先を集中してギャンブル性を求めるのは本来の主旨からも反していますね。

長期間にわたって投資する

宗正 どの投資信託を選ぶか決まったら、次は売買の仕方でリスクを減らす方法について説明しよう。

財前 えっ、最初にベストの売買タイミングを知ることはできないって言いませんでしたか?

宗正 そう、ここで言う売買の仕方とは、どのタイミングで売り買いするかではなく、運用スタイルと言った方が正確かも知れない。具体的にいうと、長期間にわたり投資することで、リスクは下げることができるんだ。

前回、投資信託のコストとして「購入手数料」、ファンド財産の運用・保管などにかかる「運用管理費用」(信託報酬)、換金時にかかる「信託財産留保額」があると説明したよね。このうち購入手数料や信託財産留保額は、申し込み時と換金時だけに支払うものだから、短期間で売ったり買ったりを繰り返すとそのつど支払わなければいけない。ところが一度買った投資信託を長期間保有すれば、1年あたりの負担は確実に下がる。これも投資を効率化させることになるんだよ。

財前 運用コストが下がることは逆にいえば、運用パフォーマンスが同じなら、その分だけ収益が増えるわけですね。

宗正 しかも、長期で持つことで複利効果も期待できる。保有期間中に得られた値上がり益や分配金をそのまま次の投資資金に充てられるため、運用パフォーマンスが同じでも投資額が大きくなれば、収益は膨らんでいく。リターンが新たなリターンを生む、まさに雪だるま式に収益が増えていくことが期待できるんだ。さらにいえば、長期投資することは短期投資に比べ収益のブレ幅が小さくなることもわかっているんだよ。

財前 ブレ振れ幅が小さくなる? でも、個別銘柄の株価の日々の動きは大きくても100円とか200円ですが、半年とか1年先には数千円の違いになっていることもあります。10年、20年だともっと大きく動いていることも珍しくありません。時間が長いほどむしろ変動は大きくなるのではないですか?

宗正 確かに期間が長いほど価格は変化するけれど、1年あたりの変動で見ると違うものが見えてくるんだ。たとえば過去40年にわたり東証1部に上場する全銘柄に投資した場合の年当たり収益を見たところ、1年投資の場合は最高が72.1%で、最低マイナス24.8%になった。つまり1年で96.9%もブレることがあるということなんだ。ところが10年投資では最高22.8%、最低マイナス3.5%にまで縮小、20年投資だと最高20.5%に対し最低でも4.4%のプラスだから最高と最低の開きは16.1%となり、30年保有すると最高12.8%、最低6.8%で、ブレ幅はわずか6%となるんだよ。

財前 ブレ幅が縮小するということは、運用が安定するということになるわけか。

宗正 1年単位で見ると大きく上がることがある一方、大きく下がることもあるけれど、株式市場全体で見れば、株は上がったり下がったりという波が繰り返されてきており、長い目で見れば意外になだらかな動きになる。つまり、リスクは下がるということなんだよ。しかも、先の数字はバブル景気とその後のバブル崩壊という大きな変動を加味しての結果だから、長期になるほど収益が安定するかがわかるだろう。当然、株式中心に投資する株式投資信託の場合も、これと似たような傾向になると考えていいんだよ。

定期積立で安定的な資産運用

財前 頻繁に売り買いするためにはいつも市場の動きや購入した投資信託の価格変動を気にしなければいけないけど、長期投資ならそういうストレスから解放されるのもうれしいですね。ほかにもリスクを減らす方法はありますか。

宗正 最後は購買時期の分散。ベストな売買タイミングを知るのは困難といったよね。でも、一度に買うのではなくて、複数回に分けたらどうだろう。投資資金を一度に使ってしまうと、たまたまそこが底辺ならラッキーだけど、さらに下がってしまう危険性がある。そこで準備している資金を一度にすべて投じるのではなく、何回かに分けて投資すれば危険性が下がることになるよね。

財前 一度のチャレンジで成功を手にしようと考えるのは無理だけど、チャレンジの回数が多くなるとそれだけ成功する可能性も高まるわけですね。

宗正 さらに一定の金額を継続的に投資していくと、買い付け単価を引き下げていくことが可能となるんだ。アメリカなどで「ドル・コスト平均法」と呼ばれている方法なんだけど、理屈はこういうこと。

値段の変動があるものを同じ金額ずつ買っていくと、値段が高いときには少ない量しか買えないけど、安いときには多くの量を買うことができる。仮に高値のときに投資を始めたとしても値下がり過程でも買い続けていれば、平均単価を引き下げられるわけなんだ。株でも債券でも一方向に永遠に動くことはない。値下がりが続けばどこかでふたたび上がり始めるわけで、結果的に次に訪れる値上がりでは早い段階で利益が出やすいわけなんだ。

財前 でも、値上がりしているときはどんどん買いたくなりますが、どんどん値下がりしているときに追加で買うのは、将来に向けてチャンスが高まるといっても精神的につらいものがありますよね。

宗正 そこでおすすめなのが定期積立購入。最初に決めた金額で毎月決まったタイミングで継続的に購入する方法なんだ。これなら一度、購入手続きをすれば、後は金融機関が自動的に買い付けてくれるから必ずドル・コスト平均法が機能して、いつ投資を始めても安定的な資産運用ができるんだよ。

財前 定期積立投資なら、投資を始めるタイミングの影響が少ないから、投資に踏み出すタイミングに悩む必要もなくなる。つまり、気軽にスタートできるというわけですね。僕の周りにも、投資に興味があるけどなかなか一歩が踏み出せない人が多いので、ぜひ教えて上げたいと思います。

宗正 ぜひそうしてください。じゃあ最終回の次回は三井住友アセットマネジメントの投信直販について詳しく説明することにしよう。

財前 楽しみにしています。(第3回はこちら

【INFORMATION】 
実際に話を聞いてみたい!そんな人のために、全国セミナーを開催しています。
詳しくは「SMAM投信直販ネット」HPからセミナーカレンダーをチェック!


「SMAM投信直販ネット」HP
「SMAM投信直販ネット」Facebook

◆当資料は、三井住友アセットマネジメントが作成したものであり、特定の投資信託等の売買を推奨するものではありません。◆投資信託は、値動きのある証券(外国証券には為替変動リスクもあります。)に投資しますので、リスクを含む商品であり、運用実績は市場環境等により変動します。したがって元本や利回りが保証されているものではありません。◆投資信託は、預貯金や保険契約と異なり、預金保険・貯金保険・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。また登録金融機関でご購入の場合、投資者保護基金の支払対象とはなりません。◆投資信託にご投資の際は、費用をご負担いただきます。◆当資料の内容は作成基準日(2015年12月10日)現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。

提供:三井住友アセットマネジメント