雑誌
【クルマ界歴史の証人】三菱自動車の新開発・吉松広彰【後編】
〜大恩人から学んだ「クルマ作りの哲学」とは

ギャランVR-4ですでにWRCを戦っていた篠塚建次郎とヨーロッパの仕事では会うこともあったという。ランサーエボリューション(エボⅠ)がデビューする直前の'92年5月頃

自動車業界およびモータースポーツの勃興期に活躍され、多大な功績を収めた先輩方に語っていただく本企画。

元三菱自動車、商品企画担当の吉松広彰氏2回目はWRC初観戦に始まり、ギャランVR-4、そしてランサーエボリューションを生み出すまでの証言を語っていただく。

<前編はこちら>

今回の証人吉松広彰とは?

東京本社の受付横にある三菱車の年表を感慨深く見つめていた吉松広彰さん

1954年、岡山県生まれ。幼少期は岡山で過ごし、8歳の頃に武蔵小金井に父の転勤により転居。都立立川高校から東京大学工学部応用物理学科へと進む。東大卒業後、カリフォルニア大学ロサンジェルス校工学部修士課程に移り'80年3月卒業。同年5月に三菱自動車工業入社、愛知県岡崎にある研究部に配属となり、エンジニアとして音と振動を担当。

'86年5月に本社の商品企画部へと異動。ミラージュ/ランサーを皮切りに、カリスマ、コルトなどの商品企画を担当。この頃、社員チームを結成しミラージュカップに監督兼メカニックとして参加。また"世界中の本物のモータースポーツ"に数多く触れ、同時に"多くの尊敬すべき人々"との関係を築いたことがランサーエボリューションⅠ~Ⅲの誕生へと繋がる。

その後も数多くの商品開発プロジェクトに参画し、'11年10月、三菱自動車と日産自動車が合弁で設立したNMKVで新型軽自動車企画開発の最高技術責任者を務めるなどして昨年、定年退職を迎えた。現在は軽自動車の検査事務を国に代わって実施する機関「軽自動車検査協会」の情報システム担当理事として新たなキャリアをスタート。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら