在特会は時代を映す鏡である
〜根深いマスコミ不信。真実はネットのなかにある!?

彼らの"真面目な"怒りはどこから来るのか?
宮城支部の街宣

文・安田浩一(ジャーナリスト)

<前回はこちら>
在特会の会員はこうして生まれる!

〜「誰とも怒りを共有できない寂しさ」を埋めるために団結した若者たち

記者に突っかかる中学2年生

「あのねえ、マスコミなんて全然信用していないんですよ、僕は」

突然私に突っかかってきたのは、ヨットパーカにカーゴパンツ姿の若い男だ。顔のニキビ痕からすると、まだ10代だろう。

「公正中立だなんて嘘じゃないですか。日本のマスコミは左翼偏向ですよ」

いい根性をしている。大人やマスコミに対して、変に迎合する者よりも、よほどマシだ。ただし「左翼偏向」などという、手垢のついた言葉を使わなければ、もっとよかったのにとも思う。

年齢を知って驚いた。なんと14歳。まだ中学2年生である。

在特会宮城支部の街宣を取材するため仙台を訪ねたのは2010年10月のことだった。街宣前の集合場所で参加者に挨拶しているとき、ただ一人、私を挑発してきたのが彼であった。

「悪いですけど」と前置き、彼は少しも悪びれた様子もなく私に詰め寄った。

「講談社の取材なんですよね? 僕は講談社に対して少しも良い印象を持っていないんですよ。『日刊ゲンダイ』とか読むと、小沢一郎の言い分を垂れ流しているだけじゃないですか」

小沢一郎(民主党元幹事長)の献金問題が騒がれている時期でもあった。なるほど、たしかに「日刊ゲンダイ」は"小沢擁護"に近い論陣を張っていたかもしれない。だが、そもそも同紙は講談社とは別会社であり、私自身もフリーランスなのだから講談社の「社論」(なんてものがあるのか知らないけど)とはまったく関係ないのだと説明した。

そもそもマスコミの「左翼偏向」を糾弾するのに、なぜ小沢一郎なのかという疑問は口にしなかった。彼にしてみれば、おそらく中国とのパイプを持つ政治家というだけで、小沢は十分に左翼なのだ。こうした乱暴な左右の区分けが、昨今のネット言論の特徴でもある。

だが、物怖じせず大人に食い下がる彼を、私は面白い男だと思った。彼もネットを閲覧していくなかで「在日や左翼の悪行を理解」し、次いで在特会の存在を知って入会したという。

「学校ではいまだに『在日は可哀想な人たち』みたいな教え方をしているんですよ。まったくもっておかしいですよね。そもそも在日は、日本がイヤであるならば祖国に帰ればいいのに、それをしない。矛盾もいいとこですよ。まあ、学校ではこんな話はしませんけどね。学校ってのは政治の場じゃないでしょう? そんなことくらい僕だってわかりますよ」

安田氏の『ネットと愛国 』は、「ヘイトスピーチ」なる言葉を世に広め、問題を可視化させた。時代を映し、時代を変えた1冊だ。

仲の良い友人とも政治の話はしないそうだ。

「みんな無関心なんですよ、政治のことには。在日特権とか話をしても、『興味ない』『高校受験には関係ない』って程度の反応しかありませんからね」

学校は「政治の場じゃない」と言ったかと思えば、政治の話についていくことができない同級生を暗に批判したりもする。周囲からやや浮き上がったような彼の立ち位置が、なんとなく想像できた。背伸びしたくてたまらないのだろう。大人に交じり、政治を語り、日本の危機を訴える中学2年生は、生意気な口調で私に詰め寄りながらも、どこか楽しげな様子ではあった。

そんな彼と私のやりとりを見ていた参加者の一人は、後で私にこっそりと耳打ちした。

「まだ子どもなんですよ。頭でっかちなだけ。知識はあるけど人生経験も乏しいし、社会のこともよく知らない。知識だけが一人歩きしているようなところがあって、実は心配してます」

そんな周囲の「心配」を知ってか知らずか、ニキビ面の中2男子は、見ていて"痛い"くらいに大人との交流を楽しんでいた。

この日の街宣のテーマは「民主党糾弾」である。民主党宮城県連近くの路上に、「国民の生命と財産、領土を蔑ろにする売国民主党を許さないぞ!」と大書された横断幕が掲げられた。集まったのは地元の銀行マンでもある宮城支部長・菊地内記(ハンドルネーム・27歳)を筆頭に十数人。会社員やアルバイター、OLといった、いつもながらの「一般市民」である。

ちょっとしたハプニングが起きたのは、支部長の菊地が、中国や北朝鮮・韓国に対する民主党の"弱腰ぶり"について演説している最中であった。自転車に乗った50がらみの男性が突然に近寄って、「了見が狭いねえ」と声をかけてきたのだ。

「人間、どこの国の出身でも仲良くしなくちゃ」「特権なんてもの、本当にあるのかい?」

案の定、男性は激昂した会員らにたちまち取り囲まれた。「何を言ってるんだ!」「おまえ、朝鮮人か?」「ふざけるな! 日本から出て行け!」「きちんと勉強しろ!」。

さまざまな悪罵が投げつけられる。ああ、また始まったかと、私は冷ややかに眺めていた。在特会の街宣では、こうした光景はお約束の一つと言ってよい。一見無意味に思える鬱憤晴らしも、彼らにとっては気分を高揚させ、団結や連帯を深めるためには必要なのだろう。

威嚇された側からすれば迷惑このうえない話であろうし、彼らの言動に憤りを覚え、あるいは心が傷ついた者も少なくないだろうが、ふだんは喧嘩などしたことのないような、おとなしそうな若者がハイテンションで相手を罵る様子を目にしながら、それはそれで楽しいのだろうなと感じてしまった。

たしかに、在特会の傍若無人な振る舞いは目に余る。いったい何様のつもりかと、見ていて不快になることも少なくない。

しかしながら、その一方で、在特会の活動すべてを、ただの鬱憤晴らしと切り捨てることも私は躊躇するのである。中身の是非はともかく、彼らがそれぞれに「怒り」を抱えていることを私は知っている。人によってそれは自身のすべてをなげうってもいいと思えるほどに重要な問題であり、そして切実だ。

彼らの多くはけっして数合わせのために「動員」されているわけではないし、誰かに押し付けられて運動に参加しているわけでも、ましてや参加者に日当が支払われているわけでもない。ある意味、「草の根」という言葉がこれほどふさわしい組織も他にあるまい。

たとえば労働組合の街宣などで、ときおり見られるような「しかたなくやっている」といった雰囲気は、彼らには皆無だ。消化試合的なスケジュール闘争など、ほとんど見られない。その点において、在特会会員の大半が「真面目」であることを私はけっして否定しない。それがどんなに不快で滑稽なものとして私の目に映ったとしても。

仙台の街宣現場に話を戻す。このとき、自転車に乗った男性に対して最も激しく大声で怒りをぶつけていたのは徳部㐂久夫(41歳)だった。ダンプの運転手をしているというタオル鉢巻き姿の徳部は、見た目も勇ましい。自転車の男性を追い払った後、徳部は「頭にくることが多すぎる」のだと私に向かって声を張り上げた。

「とくに在日の連中。おとなしく普通に暮らしてくれるんだったら、俺ら、何も言わないですよ。でも生活保護もらって高級車乗り回してるヤツがいるからね。直接に見たことがあるわけじゃないけど、そんな話、ごろごろしてますよ。政府も、まずは日本人を助けろってんですよ。外人ばかりに気をつかってさあ、まったく許せないね。だからシナ人だって、どんどん増えてきちゃったじゃないですか。どうするんですか、あいつらに占領されちゃいますよ。仕事だってますますシナ人に奪われていく」

徳部は本気で憤っていた。

〔PHOTO〕gettyimages

「なのにテレビなんかは、相変わらず呑気に韓流ドラマなんか流しやがって。韓流ドラマ、あれは許せないね。なんでわざわざ韓国の番組を日本人が見なくちゃならないんですか。これは一種の陰謀ですよ。あれね、電通によってつくられたブームなんですよ。知ってました? だから俺はテレビなんて信用しません。真実はネットのなかにあるんだから。ネットで十分です」

この日唯一の女性参加者だった30代のOLも、私に対して「メディアの偏向」を訴えた。

「マスコミなんて空しい存在ですよ。地元の河北新報なんて、左翼のデモならば、わずかでも報道するのに、私たちのような保守系団体だと、取材にすら来ない。一切、無視されてしまうんです。私たち、みんな手弁当で一生懸命にやっているんです。なのにマスコミは冷淡すぎますよ。一般の人々は、こうやって偏向マスコミの影響を受けてしまうんでしょうね」

彼女の演説も、大部分はマスメディア批判に充てられていた。この日の街宣場所はNHK仙台放送局の真向かいである。彼女はNHKの社屋に向かって大声で叫んだ。
「NHKの報道は何なのですか。中国や朝鮮半島の話題ばかりじゃないですか。気持ち悪いです! NHKは我々のことはけっして報じません。受信料を返してください!」

そして最後に「NHKは我々のことを報道しろ!」「偏向放送をするな!」「NHKは日本人のために働け!」とシュプレヒコールを先導したのであった。

彼女もまた、ずっと以前から在日や朝鮮半島の「横暴」に腹を立てている。だが、友人や家族にそこを訴えても相手にされない。彼女いわく、周囲は「新聞に書いてあることを素直に認めてしまう人間ばかりだった」という。

だからネットのなかで不満をぶつけた。ネットのなかで「真実を発見」した。めぐり合ったのが在特会だった。入会し、街宣に参加してみれば、同じような不満を抱えた人間とリアルに知り合うことができた。職場や家庭では話すことのできない本音を、仲間と共有することができたのだった。

「だからいま、私はすごく楽しいんです。やっと仲間を見つけることができたんです」

険しい顔でマスコミ批判をしていた彼女も、「仲間」に言及したときだけは、晴れやかな表情を見せた。

支部長の菊地はさすがに銀行マンらしく、私と向き合うときだけは紳士的な対応を崩すことはなかった。興味深く感じたのは、演説中、菊地が「これを読め!」と手に掲げていたのが日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」だったことだ。

「赤旗はいい」と菊地は私に言った。

「領土問題に関して言えば共産党の主張は我々と同じですよ。北方領土も、竹島や尖閣諸島も、共産党は一貫して日本の領土であると主張しています。しかも、共産党は他の問題でもブレませんからね。もちろん根本的な部分で相容れないことは、たくさんあります。でも共産党は外国からカネをもらって動くような政党じゃありませんよね。中国やロシア、北朝鮮とも喧嘩してきた。ある意味、民族主義政党ですよ。筋が通っていることだけは評価しています」

赤旗への高い評価は、「商業紙・誌」に対するアンチをも意味する。

「結局、日本のメディアはスポンサーと外国に対して何も言えないんですよ。中国があれだけひどいこと(領海侵犯を指す)したって、メディアはおとなしすぎます」

菊地が対中国の問題で言及したのは「日中記者協定」である。

「この協定によって、日本のメディアは中国批判がまったくできない。中国に媚びるような報道しかできなくなっている。こんなことでよいのでしょうか」

この点は大事なポイントの一つなので、やや長くなるが解説しておこう。

実は、在特会をはじめとする保守系団体を取材しているなかで、私は何度もこの「日中記者協定」について聞かされた。こんな協定があるから中国批判ができないのだ、これによって親中派の記者しか出世できない仕組みができている――云々。

正確には「日中記者交換協定」という。国交が回復される8年前、1964年に日本と中国との間で取り交わされた、両国の記者を相互に常駐させる取り決めのことだ。

主として、自国に支局を構える相手国の駐在記者に対し、必要な便宜を図ることなどが定められているのだが、同協定のなかに「中国を敵視しない」「2つの中国を認めない」といった文言が含まれている点を一部の保守派は問題視している。これがネット上で広まり、「日本の中国報道が弱腰なのは協定のせいだ」といった論調がネットユーザーの間に流布されるのである。

結論から言えば、いまの時代にあっては、「ヨタ話」の類だと私は思っている。たしかに改革開放が進む以前の中国においては、支局開設やその維持のために、日本の報道機関が中国へある程度の配慮を見せていたことはあっただろう。協定に違反したとされた記者が国外追放となったり、支局閉鎖を命じられた事実は存在する。

だが、こんなカビの生えたような協定が、いまでも記者を縛り付けているものだろうか。私は複数の北京駐在記者、駐在経験を持つ記者に話を聞いたが、彼らは「弱腰」の原因がこの協定にあるといった論調を一笑に付した。現役の中国駐在記者が次のように話す。

「協定が記者を縛り付けているというのは、完全に事実無根。日常の取材のなかで協定が原因で自主規制したり、原稿のトーンを抑えたりといった局面など聞いたことがない。というより、そんな協定自体、具体的な内容を知らない記者もいます。私は過去の日中交流の経緯を振り返るついでに目を通したことはありますが、会社の上司や前任者から、この協定について説明などは一切受けていません。

はっきり言って『日本のメディアは中国批判をしない』と主張する人は、新聞を読んでいるのか疑問です。たとえば、中国浙江省温州の高速鉄道事故では、朝日、毎日、読売、日経、産経各紙が、中国鉄道部の対応から、さらに共産党一党独裁の政治体制そのものについてまで相当批判していますよ。『新聞は中国を批判しない』と主張する人々は漠然とではなく、個別の事例(高速鉄道事故、レアアース、チベット・ウイグルなど少数民族問題ほか)をあげて具体的に指摘すべきでしょう。

もう一点、中国にいる日本メディアの記者が報道を縛られているとしたら、それは中国の国内法によるものです。日本を含めた西側諸国に比べて国家機密の範囲が広く、取材規制が広範囲に敷かれているのはご存じのとおり。取材現場では、日本に限らず、香港、台湾、韓国、それに欧米各国の中国駐在記者が、報道規制の問題を日常的に経験しています。日中記者協定とは関係ありません」

もっとも、在特会の面々がこのような主張を素直に受け入れるかといえば、それは無理だろう。彼ら彼女らが欲しているのは、実証確認ではなく、「野蛮な隣国」を激しく面罵する、力強い言葉なのだ。それは、かつての学生運動家が大手新聞を「ブル新(ブルジョワジー新聞)」などと罵った感性と似ていなくもない。

きぜんとした表情を崩すことなく、菊地は私の目を見据えて訴えた。

「実際に日本の領海が侵されているわけです。さまざまな横暴が確認されている。日本がナメられている証拠ではないですか。なのにメディアも政治家も、一般の日本人も、これまでなあなあとやり過ごしてきたわけです。私はそれが許せないのです。対韓国、対北朝鮮の問題も同じですよ。強制連行や従軍慰安婦など、根拠の怪しいものを使って日本に干渉してくる。揺さぶりをかけてくる。あげくに拉致ですよ。これで怒らなければ、もはや日本の主権などないも同然です」

〔PHOTO〕gettyimages

「領土問題に関して日本はヤラれっぱなしじゃないか」という感覚は私も理解できる。尖閣諸島付近で繰り返される中国漁船の領海侵犯は、たいていの日本国民が憤りを感じているはずだ。ときに武力をちらつかせながら領域拡大を狙う中国の覇権主義には、私だってイラっとする。また、日本が領土を主張している竹島でも韓国の実効支配が続いている。議論を前提としない中韓両国の強烈なナショナリズムは私をも辟易させる。

菊地は大学では歴史を専攻し、何度か中国にも出かけたことがあるという。また勤務先では、中国人や韓国人の顧客との付き合いもある。けっして「排外主義の立場ではない」と強調する。

「私は桜井会長の動画や著作に接したことで、これこそが正しい日本のあり方なのだと確信しました。我々は金のために活動する右翼じゃないし、心地よい言葉で耳目を集めようとする政治家でもない。危機感をもった、さらに日本を本当に愛している、普通の日本人なんです。だからこそ声をあげて訴えているんです。どうかそのことをわかってほしい」

街宣が終わって現場を離れる際、私はもう一度、あの小生意気な中2男子に声をかけた。

――将来、どんな仕事をしたいと思ってる?

少年は表情ひとつ変えずに、さらっと答えた。

「中学生なんですから、先のことはわかりませんよ。ただ、公務員には絶対ならないと思いますよ。ほら、公務員になってしまったら政治活動を制約されるじゃないですか」

やはりクソ生意気ではある。しかしそのことで私はイヤな気持ちにはならなかった。

彼に限らず、私は在特会の集会やデモで何度か高校生などの未成年者を見かけたことがある。いずれも真面目そうなタイプで、頭の回転も速かった。

知り合いのベテラン高校教師から、かつてこんな指摘を受けたことがある。

「昔から、どこか大人びて、頭が良くて、そして教師に議論を吹っかけるような生徒はいましたよ。しかし昔だったら、それはどちらかといえば左翼っぽい考えの持ち主だった。いまの時代、理論で教師を打ち負かそうとするのは、むしろ"右より"の子たちばかりですね。右のほうが、よっぽど元気がいい」

在特会は時代を映す鏡でもある。

<つづきはこちら>
「差別」「排斥」はニッポンの娯楽になってしまったのか?
~そしてヘイトスピーチがこの国を侵食する

(『ネットと愛国』第2章より)

安田浩一(やすだ・こういち)
1964年静岡県生まれ。「週刊宝石」「サンデー毎日」記者を経て2001年よりフリーに。事件、労働問題などを中心に取材・執筆活動を続ける。2012年『ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて』(講談社)で第34回講談社ノンフィクション賞受賞。2015年には「ルポ 外国人『隷属』労働者」(「G2][講談社]掲載)で第46回大宅壮一ノンフィクション賞(雑誌部門)を受賞した。著書に『ルポ 差別と貧困の外国人労働者』(光文社)、『ヘイトスピーチ 「愛国者」たちの憎悪と暴力』(文藝春秋)、『ネット私刑』(扶桑社)ほか。

ネットと愛国(講談社+α文庫)
著・安田浩一)

現代日本が生んだ反知性的なレイシスト集団の実態に迫る。彼らを育てたのは誰か――。

「弱者のフリした在日朝鮮人が特権を享受し、日本人を苦しめている」。そんな主張をふりかざし、集団街宣やインターネットを駆使して在日コリアンへ の誹謗中傷を繰り返す“自称”市民保守団体。現代日本が抱える新たなタブー集団に体当たりで切り込んだ鮮烈なノンフィクション。「ヘイトスピーチ」なる言葉を世に広め、問題を可視化させた、時代を映し、時代を変えた1冊。解説:鴻上尚史(作家・演出家)

 => Amazonはこちら
 => 楽天ブックスはこちら

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら