在特会の会員はこうして生まれる!〜「誰とも怒りを共有できない寂しさ」を埋めるために団結した若者たち
ネットがつなぐ不満と危機感
〔PHOTO〕gettyimages

文/安田浩一(ジャーナリスト)

<前回はこちら>
ごく普通の若者がなぜ「レイシスト」に豹変するのか?
~東大院卒エリートや20代OLまでもが激情する理由

国籍法に反応した「普通のOL」

北海道札幌市――。9月下旬ともなればすでに秋の気配は濃厚で、午後の穏やかな日差しのなかにも、ぶるっと身震いするような冷気が忍び込んでいた。

2010年秋のとある日曜日である。市の中心部である大通公園は大勢の人で賑わっていた。テレビ塔をバックに観光客の女性のグループがおどけたポーズでカメラに収まっている。北国の秋は、空がどこまでも高く、そして青い。平和な光景だった。

その大通公園を横切る道路脇に、どこからともなく日の丸を担いだ男女が集まってきた。

在特会北海道支部の面々である。いかにのどかな光景に恵まれた場所であっても、在特会が登場すると空気は一変する。コード進行が乱れるとでも言おうか。穏やかな旋律のなかに、突然、調子っぱずれの和音が飛び込んできたような、座りの悪さを感じてしまうのだ。

街宣に集まったのは約20名。いつものごとく、それぞれがマイクを握って「在日特権の廃止」や「中国の軍事的脅威」を訴えた。

一番目を引いたのは「中国の脅威」をなめらかな口調で説いていた一人の女性である。高橋阿矢花(ハンドルネーム・28歳)。最近、勤めていた企業を退職し、現在は就職活動中だという。軽くウエーブのかかった髪と、大きめのイヤリングでキメた高橋は、むさくるしい男たちのなかにあって、ひときわ目立つ。

演説を終えた高橋に近寄った。名刺を手渡すと、彼女は強張った顔で私を見つめ、そして静かに頭を下げた。警戒心というよりも、メディアの人間などハナから信じていないのだという、不信感が表情にあらわれていた。その意志の強そうな顔に、むしろ私は好感を持った。

「もともと政治なんかに興味はなかったんです」と高橋は静かに口を開いた。イデオロギーとは無縁の「普通のOL」だったという。

そんな高橋の目を政治に向けさせるきっかけとなったのは、08年の国籍法改正だった。これは、外国人との間で婚姻関係のないままに出生した子どもであっても、親が認知すれば日本国籍の取得が可能となるよう、法改正されたものだ。

「直感的に何かおかしいのではと思ったんです。国籍というものが、こんなにも簡単に付与されていいものなのかって」

政治に無関心だった「普通のOL」が国籍法に反応した点を、私は興味深く感じた。彼女はけっして「無関心」だったわけではないのだろう。国籍というものに敏感となるだけのメンタリティを持ち続けていたには違いない。

11月に文庫化した『ネットと愛国 (講談社+α文庫)』。「ヘイトスピーチ」なる言葉を世に広め、問題を可視化させた、時代を映し、時代を変えた1冊。

国籍法について、ネットで夜通し調べたという。検索をかけ、関連記事やブログを読み漁った。日本人の"純血性"を訴える保守派の主張が幅を利かせていた。「改正反対」の声が圧倒的多数だった。なぜか安心した。同じ意見の者がこんなにも大勢いるのかと心強く感じたのだ。そして、それまでほとんど意識することのなかった「国家」という存在を彼女は「発見」する。

「国とはどうあるべきなのか。国は誰のためにあるのか。国がすべきことは何か。そうしたことを真剣に考えるようになったんですね」

高橋が頼ったのは、もちろんネットである。ネットには保守の立場から国家を論ずる者で溢れていた。「平和を守ろう」「差別はいけない」といった言説よりも、保守のそれはもっと力強く、そして説得力に満ちていた。なかでも高橋に強い影響を与えたのが、チャンネル桜と在特会だ。

彼女は言う。どちらも本音で国を憂えていた。強い日本を目指していた。どちらの主張も大手メディアではけっして見ることのできない力強さに溢れていた。それに比べて、左翼や既存保守のだらしなさよ。平和だけを求める者など、何もせずに享楽をむさぼる怠惰な人間に思えた。差別を糾弾する者は単なるキレイごとを口にしているにすぎない……そんな思いを強くした。

「なかでも在特会の動画は、私に強い危機感を与えてくれました。桜井会長は『日本は誰のものなのか。日本人のものに決まっているだろう』と訴えていました。在日や中国人が権利ばかりを主張し、そのうえ日本に居続ける不条理も糾弾していました。そして気がつけば私も日章旗を持って街宣に参加するようになっていたんです」

そこまで話すと、高橋は私の顔を真正面から見つめ、穏やかな口調で問い質した。

「いまのままですと、日本はどうなってしまうと思いますか?」

急に訊ねられ、困った私は聞き返すしかなかった。「高橋さんはどう思いますか?」と訊ねたのである。

高橋は、ちらっと呆れたような表情を見せたようにも思う。それでも彼女は生真面目な表情を崩すことなく、私の目を見据えたまま、つぶやくように言った。

「このまま中国や韓国の言いなりになってしまったら、日本が植民地化されてしまいます」

シルバーのイヤリングが、キラキラ光っていた。私は目を合わせることに躊躇して、イヤリングばかりを見ていた。「植民地」という耳障りな言葉と、高橋の思いつめたような顔つきが、ひどく私を憂鬱にさせた。そこまで考えているのかよという驚きと、そりゃあ植民地は嫌だよなあという単純な思いが、束になって私を襲ったのだった。

彼女の「危機感」は、国家だけに向けられているわけではなかった。目の前を足早に通りすぎる人、友人、家族。彼女にとって彼らは、「いまだに気づかない人たち」なのである。

「みんな無関心なんですよ」と、今度は怒ったような口調に変わった。

「こっちが必死になって訴えているのに、まるで関心も示さずに目の前を素通りされると、少しばかりイラつきます」

無理もない、と私は胸のなかでつぶやいた。「朝鮮人は出てけ」、「シナ人を追い出せ」、といったシュプレヒコールなど、聞かなかったことにして足早に去るのが普通の反応というものだろう。下手に意見などしようものなら、とたんに囲まれてリンチまがいの"制裁"を受けることになる。それが在特会のスタイルだ。

だが彼女にしてみれば、賛同を示すことのできない人は、その時点で意識が後れた人間だ。ときに左翼党派にも見られる独りよがりの無謬性を感じないわけにはいかなかった。

矛先は身近な人間にも向けられる。

「友人や両親もまるでダメですね。友達に外国人参政権の問題点を話しても、不思議な顔をされてしまうんです。『いきなりどうしたの?』って感じで」

同居している両親にいたっては主張さえ理解してもらえないという。

〔PHOTO〕gettyimages

「ウチの両親は古い人間なので既存のメディアしか信用しないんです。ネットに書かれた情報など、見ようともしません。私はどうしても理解してもらいたくて、両親にチャンネル桜の番組や、在特会のサイトを見せたのですが、ぜんぜん興味を示してもらえませんでした。それどころか、怪しい宗教のようなものだと決め付けるんです」

ある程度の予測はしていたが、私が接した在特会の会員は、友人や家族には活動のことを隠していたり、または最初から理解させる努力を、なかばあきらめているケースがほとんどだった。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら