雑誌
愛車で目指せ「20年20万km」
長~く走るためのメンテナンス術と事例を大公開!

(左)一般保証 (右)特別保証

クルマは機械、メンテナンスなしで乗り続けることはできない。ならば20年20万kmどうすれば愛車に乗り続けることができるのか。メンテのコツをご紹介。

新車登録から13年以上たったクルマは特別に自動車税と重量税をアップさせますよ、なんていう馬鹿げた法律がある我が国ニッポン。こんな法律ができるからクルマ文化が育たない。

海外では古いクルマを大切に乗る文化がしっかり根付いているんだから、日本人もこれからは愛車に末永く乗ることを提案したい。そこで、この企画では、20年、走行距離20万kmを想定して、どうすれば長く愛車に乗り続けることができるのか考える。

まずテレビや電気製品に保証期間があるように、高額なクルマにも当然保証期間がある。ただし電気製品と違うのは、保証が2段階に分かれていること。クルマの場合、国産メーカーならどのメーカーも同じように、一般保証と特別保証の2段階方式となっている。

一般保証とはエアコンが壊れた、ラジオが壊れたといった故障に対処するもので、これは3年、あるいは走行距離6万kmまで保証(どちらか早く到達したもの)。いっぽう特別保証とは、走ることに関する重要部品、具体的にはエンジン、ミッション、ブレーキといったもの。

こちらの重要部品は5年、あるいは走行距離10万kmまで保証が受けられる。ということはそれ以上のメーカー保証はないということ。そして輸入車に関しては特別保証の枠がなく、エンジンなどの重要部品においても無償の保証は3年間のみ(有償なら延長アリ)。

実際筆者も某ドイツ車に乗っていて保証が切れた5年目にしてATに水が浸入してミッション載せ替え、百万円以上の修理代を支払ったことがある(その時の衝撃はいまだも忘れない。乗るなら国産車だな~と強く思ったのでした)。

ひとつの山は10年10万kmでやってくる
エンジン系のメンテナンス

20年20万kmメンテナンス、まずはじめは最も重要なエンジンから。本誌読者なら日頃からオイル交換についてはきちんとメンテナンスしていると思うけど、距離を目安にすること以外に、使用期間も考えたい。

目安は走行5000km、あるいは6カ月に一度。年間3000kmくらいしか走らないという場合でも半年経ったら取り替える。その理由は、オイルは空気中の水分を取り込んで劣化するからだ。また高級なオイルを使用することより、まめなサイクルで交換することが大切。

エンジンメンテの基本はキチンとしたオイル管理

オイルフィルターはオイル交換2回に一度交換すればOKだろう。そのほか油脂類では、クーラント、ブレーキフルード、パワステオイルなどがあるが、その交換サイクルは左の表を参考にしてほしい。これらはもはや定期交換の項目と思っていただきたい。

さて、本番はここから。20年20万kmを目指すなら、かなりの確率で見舞われるトラブルがいくつかある。