雑誌
どうしてバスはやたらと火災を起こすの?
クルマ界の不思議に迫る!

宇宙人のとてつもない疑問に答えるこのコーナー。さっそくいってみましょう。今号はどんな疑問かというと「なぜバスはよく燃えるの?」だそう。また疑問の着眼点が独特というかなんというか……。とはいえ気になるのでさっそく調査開始!!

バスはそんなに燃えている?

そもそも担当として疑問に思ったのが「バスってそんなに燃えているのか?」ということ。台数が多い乗用車ですら、路上でクルマが燃えたなんてニュースはたまに夕方のニュースで話題になるだけ。

そんな疑問を解決するために国土交通省の資料を調べてみた。これは緑ナンバーで旅客営業をするバスのみの統計。すると平成19年/18件、平成20年/10件、平成21年/16件、平成22年/17件と4年間で61件の火災事故が発生しているそうだ。さかのぼって資料を調査すると、平成15年/16件、平成16年/31件、平成17年/22件、平成18年/17件。8年間で147件のバス火災が発生している。

こりゃー「たまに燃えている」というレベルではないですな。さすが宇宙人は情報通だこと。

そんなこんな言っていたら最近も火災事故が発生していたことが判明。8月18日に新潟県内の磐越自動車道を走行していた高速バスから出火。乗客、乗員は無事だったがバスは全焼した。運転士が走行中に車体後部のエンジン付近から火が出ていることに気づきバスを止めたそうだ。危機一髪である。

いやはや、高速道路を100km/h近くで走っているバスから炎が出るなんて恐ろしいことだ。それが年間2桁も起きているなんて怖すぎる!!弊誌でおなじみ、そしてバスにも詳しい西村直人氏に話を聞いてみた。

なんでバスは燃えるのだろうか?

最新の大型観光バスでは1万3000ccクラスのディーゼルターボを搭載する(写真はイメージ)

「バスが燃えるというのはたしかにそのニュースだけ見ると恐ろしい部分はあると思います。昨今は整備不良だとか、いろいろ言われて報道されますしね。そもそもの要因としてはバスの特徴的な構造にあると思います。

バスはRRです。リア駆動、リアエンジンですね。なのでフロントにエンジンのある一般的な乗用車とは違って、走行中に風が当たりにくいという問題もあります。乗客の乗車スペースを考えるとリアにエンジンを搭載することが効率的ですが、風が抜けない場所で熱がこもりやすいという弊害もあります。