[プロ野球]
上田哲之「監督とは何かーー原辰徳、エディー・ジョーンズ、そして工藤公康」

もはや遠い記憶のような気さえするが、まぎれもなく今秋10月のことである。

17日の巨人-東京ヤクルト戦。クライマックスシリーズ(CS)も最終盤、ヤクルトが勝つか引き分ければ日本シリーズ進出が決まるという一戦だった。

実際、ヤクルトは3-2で逃げ切り、日本シリーズ進出。そして試合後に判明するのだが、巨人・原辰徳監督が采配をふるう最後の試合となった。

きわめて印象的なシーンがある。

2-3と巨人が1点を追う7回表の攻撃でのことだ。継投に入っていたヤクルト・真中満監督は、中継ぎ左腕・久古健太郎が左打者の1番立岡宗一郎を打ちとって1死となったところで、2番井端弘和に対して右腕・秋吉亮を起用。井端は、「これが井端だ」と言わんばかりのライト前ヒットで出塁した。1死一塁。打席には3番坂本勇人。秋吉vs.坂本の対決は、以下のように進んだ。

(1)ボール、(2)空振り、(3)見逃しストライクで、カウント1-2。

4球目。はずれて、カウント2-2。5球目。ファウル。いぜんカウント2-2。

坂本がつなげば、次はこのシリーズ絶好調の4番阿部慎之助である。同点どころか、一挙に逆転の可能性まである。

6球目。ボール。カウント3-2。

次の瞬間である。まるで条件反射のように間髪を入れず、原監督が立ち上がった。何をするのかと思ったら、一塁走者の井端に代えて、代走・寺内崇幸を送ったのだ!

この局面、カウント2-2と3-2では、全然違うことは理解できる。3-2のフルカウントになれば、通常、一塁走者はスタートを切る。ならば、井端よりは、寺内の走力をとる、ということなのだろう(ちなみに、後日、井端が引退を表明したため、これが彼の現役最後のプレーとなった)。

うーん。漫然と観戦している身としては思いもよらなかったけど、やられてみれば鋭いとしか言いようがない。だけど、シーズン中でもこの交代はするのだろうか。それとも、後がない短期決戦ならではの采配だったのだろうか。たしかなのは、原監督には、この場面のシミュレーションが完全にできていた、ということだ。

ただ、やはり、相手のど肝を抜く果断さだったというべきだろう。バッテリーも、多少なりともその迫力にたじろいだにちがいない。続く7球目、寺内はきっちりスタートを切り、インハイを狙った秋吉のボールは大きくはずれて四球。1死一、二塁で阿部、という絶好の場面を迎えることになる。

結果は、真中監督が秋吉からローガン・オンドルセクにスイッチ。阿部は紙一重ともいえるが、ピッチャーゴロ併殺に倒れてチェンジ。事実上、ここでヤクルトの勝利が決まった。

しかし、あの代走策には、采配によって相手を攻めつぶそうとする監督の意志が感じられた。「監督とは何か」と問いだせば、それこそ無限の答えがありうるだろうけれども、この時の原采配が、あるべき監督像の一つの典型を示していたことは、まちがいない。