金融・投資・マーケット

お金の運用で損をする人の、5つの「共通点」を教えよう
~安心してください。解決策もあります。

【PHOTO】iStock

「普通の人」が陥るワナ

趣味で熱心に株式投資をしているような投資家、あるいは海外の一攫千金の儲け話に乗りたがるよう「山っ気」のある人(しばしば大失敗しますが)、ではない「普通の人」がお金の運用で失敗する共通のパターンが幾つかある。

今回は、お金を運用するにあたって、多くの人が勘違いして損をする要注意点を5つご紹介し、最後に、これらがもたらす損に陥らずに済む、いわば「解決策」を伝授したい。

典型的な勘違いとは、以下の5つだ。

<勘違いその1>銀行員は損をさせない。
<勘違いその2>資金の目的別・投資家のタイプ別に適した商品がある。
<勘違いその3>
高齢者は利息や分配金受け取りを中心に運用すべきだ。
<勘違いその4>
「運用が上手い投資信託」を選ぶことが出来る。
<勘違いその5>
プロに任せるラップ口座は安心だ。

上記の何れかについて「そうではないのか?」と思うあなた、また、もう少しハードルを上げて、それぞれがどうしてダメなのかの理由をスッキリ説明出来ないあなたは、運用で失敗する可能性が大いにある。ひとつひとつ解説していこう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら