[アイランドリーグ]
愛媛・弓岡敬二郎監督「来季こそドラフト指名を」

 初の日本一に導いた投手陣

 BCリーグ王者・新潟との独立リーグ・グランドチャンピオンシップは2連敗からの3連勝で初の日本一に輝くことができました。勝因は投手陣の頑張りでしょう。5戦までもつれることを計算し、調子のいい投手をどんどん継ぎこむ起用に選手たちが、よく応えてくれました。

 敵地で2連敗した後のチームの雰囲気は正直、暗かったです。帰りのバスはお通夜状態でした。しかし、地元に戻り、約1週間のインターバルが空いたことで気分の切り替えができたように思います。

 後がない第3戦は誰しも実績のある正田樹の先発を予想したことでしょう。しかし、加藤博人投手コーチと相談し、リーグチャンピオンシップでMVPを獲得して好調だった東風平光一を投げさせることに決めました。東風平は期待通り、6回無失点。完封リレーで1勝し、シリーズの流れを引き寄せられました。

 5試合すべてに登板し、最後は3連投で胴上げ投手になった阿部直晃のピッチングも見事でした。残念ながら、今回、NPBドラフトでの指名はありませんでしたが、来季以降に間違いなくプラスになったと感じています。

 打線も連敗した新潟での試合は決定打が出なかったものの、地元では効果的な1本が出ました。たとえば第4戦は同点の7回、1死二塁から中軸のザック・コルビーが決勝打。二塁走者の高田泰輔も彼しかできないような素晴らしい走塁をみせて生還し、1点差ゲームをモノにしました。

 第5戦も1-1のタイスコアからコルビーの二塁打を足がかりにしてキャッチャーの鶴田都貴が勝ち越しの2点タイムリー。鶴田はリード面でもピッチャーをよく引っ張り、成長をみせました。このようにチーム力が1戦1戦アップしたことが日本一に繋がったと考えています。