[サッカー]
大野俊三「鹿島、常勝軍団復活へ」

 ヤマザキナビスコカップの王者が31日に決まります。埼玉スタジアムでの決勝へとコマを進めたのは、最多5度の優勝を誇る鹿島アントラーズと、昨年の覇者・ガンバ大阪です。ともに明治安田生命J1リーグのセカンドステージで上位につけている強豪同士の対決となりました。

 Jクラブ最多の16冠を誇る常勝・鹿島としては、年間ひとつは最低でもタイトルを獲りたいところです。特にこの2年は無冠に終わっています。優勝を争いに残っているリーグ戦へ弾みをつけるためにも重要な一戦になるでしょう。

 連覇がかかるG大阪は、昨シーズンの3冠チームです。就任3年目の長谷川健太監督の下、チームコンセプトがしっかりしており、非常によくまとまっています。

 試合はロースコアで1点を争う展開になると予想します。チャンスを確実にモノにするストライカーの出来不出来はもちろん、1.5列目、2列目の選手がセカンドボールをいかに拾えるかも、カギを握るでしょう。

 また両チームともに優れたプレースキッカーを抱え、セットプレーからの得点も期待できます。ゴール前での空中戦にも注目したいと思います。