ルポ「亡命中国人」~電気棒で拷問。強制送還寸前の、ある男の告白

発端は、天安門だった

庶民がターゲット

「2008年5月20日、友人とお茶を飲んでいたらいきなり公安に連行されました。近所の派出所の取調室に押し込められてぶん殴られ、それから上半身裸で天井から吊るされて、『法輪功からカネをもらったのか』『いったい何を喋ったのか』と電気棒で拷問されました――」

これは、居住先のタイから間もなく中国に強制送還される可能性が濃厚な、ある中国人亡命者が語った過去の記憶である。国内の反体制派や「不穏分子」への締め付けを強める習近平政権は、今年、国境を越えた摘発作戦を展開するようになった。

他国の主権を無視して大ナタを振るう中国の暴走は、なんと私たち日本人にとってすらも他人事ではない――。ノンフィクション作家の安田峰俊氏が緊急寄稿。

10月28日午後1時(現地時間)ごろ、バンコク市内で2人の中国人が捕まった。うち1人の名は姜野飛氏。かつて中国国内で民主派シンパとして活動し、2008年からタイに亡命していた人物だ。

タイ当局の逮捕理由はオーバーステイと、中国政府からの指名手配が出ていたことだが、姜氏はすでに今年の春に国連から難民認定を受けていた。「難民」に対する不自然な逮捕の背景に、中国政府のタイに対する圧力があると見る関係者は多い。

姜野飛氏。15年2月にバンコク市内で筆者撮影

個人的な話ながら、彼の逮捕は筆者にとっても衝撃的だった。実は今年2月、筆者はバンコクでたまたま彼と知り合い、来年刊行予定の自著のために話を聞かせてもらっていたのだ。

日本で一般にイメージされがちな「中国民主活動家」とはちょっと異なる彼の経歴と憎めない個性は、非常に強く印象に残っていた。また、バンコクには東南アジアで最大の30人規模の民主派中国人の亡命者コミュニティがあることも初めて知った。

タイ当局は今年7月にも、新疆から亡命した100人あまりのウイグル人難民を中国に強制送還している。クーデターを決行した軍事政権・国家平和秩序評議会(NCPO)高官の意向に基づいた処置だったという。姜氏もまた、同様に中国に送還される可能性が非常に高い。彼の経歴から考えるに、かなり過酷な拷問を受けるのではないかと懸念されている。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら