巨人新監督・高橋由伸の憂鬱 〜イヤイヤ引き受けざるを得なかった全経緯野球賭博汚染、スキャンダルはまだまだ出てくる

2015年11月05日(木) 週刊現代

週刊現代賢者の知恵

upperline

元々高橋は野球小僧タイプで、マネジャータイプではない。今季の選手兼任打撃コーチも本人として望んだわけではなかった。

「もちろん高橋は教えることが下手なわけではありませんよ。でも性格的には職人気質というか、背中で引っ張っていくタイプなので、言葉で伝えるのはあまり得意ではない。マスコミに対するリップサービスもほとんどありません。本人も自分は監督には向いていないと気づいているんじゃないですか」(野球専門誌のライター)

入る球団も選べず、引退すら自分の意思で決められなかった。さらには賭博問題の収拾までしなければならない。

そして、そもそも監督に向いていないのに、高橋が引き受けるチームは「史上最弱の巨人」かもしれない。茨の道だとわかっていても、断るという選択肢はない—。まるで企業の中間管理職のような「憂鬱」を、高橋由伸はいま抱えている。

「週刊現代」2015年11月7日号より

前へ 1 2 3 4 5

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事