雑誌
【クルマ界歴史の証人】2輪ワークスライダー 安良岡健 PART1
カワサキ・コンバットに入ったばかりの星野一義氏(左から3 人目)。なお一番左は後のインパルの大番頭になる金子豊氏

自動車業界およびモータースポーツの勃興期に活躍され、多大な功績を収めた先輩方に語っていただく本企画。

今回は2輪のワークスライダーとして活躍された安良岡健氏の1回目。安良岡氏は2輪時代の星野一義氏の"師匠"にあたる存在。ご両人の若かりし頃を証言。

今回の証人安良岡 健とは?

現在は東京・世田谷で内外のバイクを取り扱 INTERVIEW/佐藤篤司う「モトショップ・エキスパート」を経営

1940年、東京都生まれ。トーハツ、カワサキ、スズキのワークスライダーとして活躍。10代の頃から2輪のアマチュアレースに参加し、プロのオートレースの選手たちと互角に渡り合う。

第2回アサマクラブマン200ccに出場するなど、モトクロスライダーとして頭角を現わす。21歳でトーハツのワークスライダーとして契約。その後、カワサキへ移り、伝説のワークスチーム「カワサキ・コンバット」のトップライダーとして活躍。この当時のライダーは高橋国光、黒沢元治、生沢徹、片山義美など後に4輪レースでも大活躍する名レーサーたちだ。

そしてあの星野一義が、レーサーとして弟子入りを志願し、高校を中退して静岡から上京した時、最初に頼ったのがこの安良岡氏だった。星野自身もカワサキ・コンバットに加入するが、2輪で戦績を積んだ後に4輪へと戦いの場を移す。安良岡氏は'69年デイトナ、'72年世界GP500ccクラスにもプライベーターとして転戦し、そして東ドイツGPでは6位入賞、'74年TR750でデイトナに参戦し、7位入賞など、活躍。

現在は世田谷で「モトショップエキスパート」を経営している。