[プロ野球]
佐野慈紀「日本シリーズは第3戦がポイント!」

 2015年シーズンの日本一を決定するSMBC日本シリーズが開幕しました。第1戦は福岡ソフトバンクが東京ヤクルトを4-2で下しました。よく初戦をモノにしたチームは勢いに乗りやすいと言われますが、僕が重要視するのは第3戦です。第3戦からは神宮球場に移動するので、仮にソフトバンクが連勝したとしても、ヤクルトが第3戦を取れれば、今後の展開は面白くなるでしょう。逆にソフトバンクが勝てば、そのまま一方的に押し切ってしまう可能性は高いです。両チームの命運を分ける第3戦は、日本シリーズの重要なポイントだと見ています。

 投打で圧倒的な強さ誇るソフトバンク

 日本一連覇を目指すソフトバンクはクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでロッテに対し、ほぼスキを与えませんでした。ペナントレースを終えてからファイナルステージまで1週間以上も間隔があいたので、試合勘が鈍っているのではないかと心配されましたが、休みの期間で選手たちは十分な休養を取って、万全の状態でCSに臨んできましたね。3連勝で日本シリーズ進出を決めたソフトバンクの戦い方は、完璧で文句の言いようがありませんでした。

 ファイナルステージ3試合を5安打4打点でMVPに輝いた内川聖一が怪我で日本シリーズを欠場することが決まりました。僕はキャプテンで4番の彼をキーマンの1人と見ていたので残念ですが、選手会長の松田宣浩に攻撃の牽引役を期待しています。第1戦では松田が先制本塁打を放つと、その後、打線がつながり、5連打で2点を追加しました。やはりムードメーカーの彼が打つとチームに勢いがつきますね。そういえば、内川はCSが終わった後のヒーローインタビューで「絶対に活躍してやろうと思っていた」と語っていました。この一言が今季のソフトバンクの強さを物語っているのではないでしょうか。松田もレギュラーシーズンで同様のコメントを残していましたが、今季は選手全員が“絶対に勝つ”という強い気持ちを持ってプレーをしているのを見ていて感じられますね。

 打線も素晴らしいですが、ソフトバンクには投手陣も盤石です。今季13勝をあげた武田翔太をはじめ、中田賢一、リック・バンデンハーク、摂津正、ジェイソン・スタンリッジと勝てるピッチャーが揃っているので、誰が先発しても問題ありません。ただ僕が投手陣で注目するのは、先発投手ではなく、ファイナルステージで好リリーフを見せた千賀滉大です。第1戦は2-2と同点の5回1死二、三塁で登板し、後続を抑えて無失点で切り抜けた。さらに第3戦では2点リードの7回無死一、二塁の場面でマウンドに立った千賀は、わずか3球でピンチを脱しました。勝負どころで彼を使った工藤公康監督の投手交代のタイミングもお見事です。日本シリーズでも千賀は、相手の流れを断ち切りたいところでの起用が予想されるので、彼が投手陣のキーマンと言えるでしょう。