[アイランドリーグ]
徳島・中島輝士監督「1年目右腕・吉田、ドラフト指名へ」

高卒、独立L経由NPB行きのモデルケースへ

13日までリーグ選抜を率いてみやざきフェニックス・リーグに参戦してきました。僕が監督を務めた試合は3勝4敗1分。相手はNPBでも2軍クラスとはいえ、体力、スピード、パワーの違いを感じました。

こういった機会は選手たちにとって現状を知り、進歩するための貴重な機会です。いくら、こういう場があっても、試合に臨む意識が低ければ伸びません。せっかくのチャンスを得たことを自覚し、貪欲に技術を吸収してほしいと願っています。

対戦したNPBのチームを見ていると、ファームがしっかりしているところは1軍も強いことを感じます。2軍はスキルアップのみならず、プロとしての態度、姿勢を学ぶところ。そうした育成ができているチームは、やはりいい選手が出てくるのでしょう。我々も見習って、指導にあたらなくてはいけないと改めて思いました。

今回のリーグ選抜には、22日のNPBドラフト会議で指名可能性のあるメンバーも含まれていました。その中で香川の大木貴将、徳島の増田大輝鷲谷綾平は、いいアピールをしたのではないでしょうか。

今季の盗塁王・大木は盗塁を決め、自慢の俊足をみせました。四国ではバッテリーのレベルが低く、やすやすと盗塁できても、NPBでは完璧なアウトになることを知ったのも今後につながるでしょう。さらに走塁技術を磨いてほしいものです。

増田は得意の守備でセカンドだけでなく、ショートも守れることを示せました。鷲谷は外野の守備範囲の広さをみてもらえたでしょう。守備だけなら、このリーグではナンバーワン。25歳という年齢を考えれば、今回がラストチャンスです。育成指名であっても、何とかNPBへ挑戦させたいと思います。

ピッチャーでは1年目の右腕・吉田嵩の指名に期待しています。彼は長崎海星高で甲子園に出場し、ドラフト候補にもあげられながら、声がかからず、アイランドリーグにやってきました。

成績は主に先発で投げて5勝4敗、防御率2.16。決して特筆すべき数字ではありませんが、高卒ルーキーで大きなケガもなく、1年を投げ切ったことは評価できます。米国遠征にも参加し、彼には大きな財産になったはずです。

彼が1年で指名を受ければ、高卒で独立リーグに挑戦し、NPBを目指そうとする選手も増えるでしょう。それはリーグの価値を高めることになります。ぜひ吉田には良いモデルケースになってほしいものです。