雑誌
遺品整理で得するコツ教えます!
~保存版「何をどうやって売るのか」完全マニュアル

意外と高値で売れるもの一覧つき
〔PHOTO〕gettyimages

捨てるしかないと思っていた遺品に思わぬ高値がつくことがある。面倒なゴミとして処分するより、おカネに換えたほうが供養にもなる。では、一体何が売れるのか---。余すところなく紹介する。

実は「金歯」だって売れる

1年前に父を亡くした、飯田美代子さん(65歳、仮名)が語る。

「亡くなった直後は気持ちが沈んで、何を整理するかなんてまったく考える余裕はありませんでした。でも納棺師の方が、遺体を綺麗にしてくれた後に、『これ、取っておいたほうがいいですよ。高く売れますから』と、こっそり渡してくれたものがあるんです」

飯田さんが受け取ったのは、父の金歯だった。

火葬すれば溶けて見つからなくなるケースも多いため、最近はこの納棺師のように、気を利かせて抜き取ってくれるケースがあるという。

「父は純度の高い金歯を差していたようで、買取価格は5万円。1本でこの値段で、3本あったので15万円になりました。渡されたときは、一瞬、勝手に取るなんてと腹が立ちましたが、あとになって納棺師さんに感謝しましたね」

両親が長年暮らしてきた実家の遺品整理は、誰にとっても大変な労力がかかるもの。だが少し発想を変えて、遺品整理はちょっとしたおカネになる、と考えてみたらどうだろう。苦労して不要な物を片付けると考えるより、気持ちも楽になるはずだ。

トクする整理のためにはまず、電話帳やネットで様々な分野を取り扱う大手買取業者を調べ、出張査定を依頼するのが便利だ。査定だけなら無料でやってくれる業者も多く、価値がありそうなものとそうでないものの、仕分けができる。

では、そんな遺品のなかでも、特に高く売れるものは何か。