雑誌
気をつけろ!ある日突然、あなたの家にも
マイナンバーで「追徴課税」

特集!知っておきたいマイナンバー裏のウラ③
〔PHOTO〕gettyimages

決して「本当の目的」が大っぴらにアナウンスされることはない。しかし、この制度のキモが「税金」にあることは明らかだ。番号通知が届いたその日から、彼らはあなたの懐に狙いを定めている。

なぜバレたんだ!

「税務調査の実施のお知らせ……?」

ある朝、いつものように新聞を取りに出た野田勝也さん(62歳・仮名)は、郵便受けに差し込まれていた茶色い封筒を目にして、思わず声を漏らした。差し出し主は〈杉並税務署〉とある。

身に覚えがないわけではなかった。今年の春に、父が亡くなった。葬儀が終わり、相続関係もすべて片付いた後、父の書斎から、ホコリを被った1㎏分の金のインゴットが見つかったのだ。この金塊の存在は、母も弟も知らなかった。全部で10本、約500万円相当のインゴットは、家族で分けることになった。

金の売却益は、本来は50万円を超えると課税されることになっているが、税務当局も監視を徹底できているわけではない。200万円以下の場合はほとんど「お咎めなし」になるはずだった。

「あの時は、オレと弟が150万円分ずつ、母が200万円分を受け取って、すぐに換金したな。でも、どうして言われなきゃならないんだ……」

マイナンバーで大口のカネの動きが捕捉されるようになって以降、出所不明の入金が当局に監視されているということを、野田さんは知らなかった。税務署は、彼の口座に突然150万円が振り込まれたことに気付いて、「この臨時収入は何だ?」と疑ってきたのである。しかもこの場合、申告をしなかったペナルティとして、税額の20%の「無申告加算税」も追徴課税されてしまう—。