[MLB]
杉浦大介「“運命のチーム”になるのは?」

~2015年リーグ優勝決定シリーズ予想~

 アメリカンリーグ
ロイヤルズ(シーズン95勝67敗)対ブルージェイズ(同93勝69敗)
 

(写真:2015年のプレーオフも大詰め。ワールドシリーズ進出を目指した戦いが始まる)

 2カードともに一時は下位シードのチームが王手をかけたア・リーグの地区シリーズだったが、結局は本命視された両雄が順当に勝ち上がった。

 ロイヤルズはアストロズに1勝2敗と後塵を拝し、敵地での第4戦も7回まで2-6とリードされながら、そこから底力を見せつけての大逆転勝利。ブルージェイズもレンジャーズ相手に地元での2連敗で追い詰められながら、以降の3連勝で爆発力を改めて証明した。結果的に、両チームともに勢いを取り戻して決戦に臨むことができる。

  今季100戦目を終えた時点では50勝50敗だったブルージェイズは、トレード期限までにデビッド・プライス、トロイ・トロイツキー、ベン・リビアらを獲得する大補強を敢行。チームは変わり、同時にア・リーグの勢力地図も変わった。

(写真:左ひざのケガから復帰したマーカス・ストローマンの投球もブルージェイズにとって重要になる)

 ジョシュ・ドナルドソン(41本塁打、123打点)、エドウィン・エンカルナシオン(39本塁打、111打点)、ホセ・バティスタ(40本塁打、114打点)の主砲トリオを中心に、今季メジャーダントツの891得点。そこにエース左腕のプライス、守備に定評ある大型遊撃手のトロイツキーが加わったことで、よりバランスのとれた戦力になった。

 一方、昨季は第7戦までもつれたワールドシリーズで手痛い敗北を喫したロイヤルズは、エリック・ホズマー、ロレンゾ・ケイン、マイク・ムースタカス、アレックス・ゴードンといった野手陣の多くがチームに残っている。投手有利のスタジアムを本拠地としながら、ヒット数はメジャー2位、総得点でもア・リーグ6位と今季もまずまずの攻撃力を誇ってきた。

 先発投手陣はやや不安定だが、トレード期限に獲得されたジョニー・クエトが地区シリーズ第5戦で本領を発揮したのは大きい。ブルペンの層の厚さではブルージェイズを上回るだけに、総合力では負けていない。

(写真:昨季は地元でのワールドシリーズ第7戦に惜しくも敗れたロイヤルズ。ホズマーを中心に雪辱を果たせるか)

「簡単には忘れられないこともある。傷は消えていないよ。ただ、その悔しさが今季の好スタートに繋がった。また同じ場所に戻りたいという思いがモチベーションになっているんだ」

 今季前半時点で、昨季ワールドシリーズで敗れた痛恨の記憶についてチームリーダーのホズマーは、そう語っていた。

“プレーオフの経験”を過大評価すべきではないことは、1年前のプレーオフで無印のまま勝ち進んだロイヤルズ自身が証明したことでもある。ただ、今シリーズのように実力伯仲の場合、昨季に修羅場を潜った経験値が最後の決め手となることはあり得るのではないか。

 シーズン中の対戦でもブルージェイズの4勝3敗とほぼ互角。8月には乱闘騒ぎも演じたア・リーグ2強の因縁の対決は、真っ向からぶつかり合う長期シリーズとなることが濃厚だ。そして、大激戦の末に地元カンザスシティで迎えた第7戦で、経験に裏打ちされた勝負強さとブルペンの力がモノを言い、ロイヤルズが接戦を抜け出すとみる。

 予想 ロイヤルズ4勝3敗