国際・外交 中国 アメリカ
「米中対立時代」の到来か!? 早ければ11月、南沙諸島問題をめぐり両国海軍が一触即発の危機
〔PHOTO〕gettyimages

「われわれの原則ははっきりしている」

10月13日、米マサチューセッツ州ボストンで行われたアメリカとオーストラリアの2+2(安全保障協議委員会)を終えた後の米豪共同記者会見。ジョン・ケリー米国務長官は、これまでの「親中派」の仮面をかなぐり捨て、厳しい口調で述べた。

「われわれは今回、東シナ海と南シナ海において平和と安定を維持することの重要性について、深い話し合いを持った。航行と航空の自由は、国際海洋法において最も基本的な原則だ。だからこそわれわれは、この地域においてそのことを促していく。

われわれは決してクレーマーではないが、これ以上の(中国による)埋め立て、建設、土地の軍事活用化を止めさせるために主張していくことにした。それは、相手がどんな大国だろうが関係ない。われわれの原則ははっきりしている。すべての国の権利が海洋法によって尊重されなければならないのだ」

続いて、アッシュ・カーター米国防長官も、険しい顔つきでこう述べた。

「今回われわれは、ただいま国務長官が述べたような航行の自由、貿易の自由な流れといった基本的な国際慣習を維持する権益を共有していることを確認した。

われわれはまた、特に東シナ海と南シナ海における緊張の高まりに直面する中で、長年確立されている国際慣習を弾圧し、侵害しようとする(中国の)動きに対して、平和的な解決を希求するものである。

(中国は)見誤ってはならない。アメリカは、世界中の国際法が許すあらゆる地域を飛行し、航行する。それは現在の南シナ海も例外ではないし、今後の南シナ海も例外ではない。

これは単に、アメリカがコミットするだけではない。アメリカとオーストラリアは、多くの隣国の国々と歩調を同じくするものだ。日本、フィリピン、インド、ベトナムなども含まれる。どの国も地域の繁栄のために、解決を望んでいるのだ。

そしてアメリカは、この地域の安全保障の中枢を担うパートナーとしての役割を継続していく覚悟だ。それは過去70年間、アメリカがこの地域で果たしてきた使命と同様の役割だ」

オバマ政権が発足してすでに6年半が経つが、国務長官と国防長官が揃って、これほど強い形で中国を牽制したのは、初めてのことだ。

ファイアリー・クロス礁の衛星写真 〔PHOTO〕gettyimages
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら