[トライアスロン]
白戸太朗「片手のアイアンマン」

アイアンマンを走る筆者。右手は負担をかけないようにウエアーで固定している

 10月10日にトライアスロン界の最大の注目イベントと言える「IRONMAN world championship」(アイアンマン)がハワイ島のコナで開催された。僕のライフワークでもあり、年間の最大目標でもある本大会に今年も参戦してきた。ただし、片手で……。 

 実は、大会の17日前に自転車練習中に落車、鎖骨、肩峰、肋骨は6本と、計8本の骨折となってしまった。練習の合間、少々気が緩んだ時のトラブル。長年乗っているが、情けない落車でもあった。レースまで残り3週間もない中で、ビッグレースに参加すべきかどうか、非常に悩んだが、片手でも挑戦することを決めた。本件に関して、批判も賞賛もいただいているが、この場を借りて振り返ってみたい。 

 事故直後は痛みが激しく、痛み止めを飲んでも寝られないような状態。正直、最初の1週間はつらかった。この時、海外で自転車イベントの仕事であったが、仕事以外の時間はホテルの部屋で痛みに耐えるだけ。この時はアイアンマンに出場したいとは思っていたものの、その道が全く見えなかった。ちょうど帰国する頃にケガをしてから1週間が経過。いくぶん痛みも治まり、旧知のドクターに診てもらうと、予想以上に鎖骨がずれていることが判明する。僕は知らなかったが、骨折というのは折れた直後より、1週間くらいたった方が折れた部分がはっきりするらしい……。ここでアイアンマン参戦に暗雲が立ち込めた。ドクターからも「お勧めはしない」と当然のアドバイスをいただいた。 

 この時点で大会8日前。万事休すかと思っていたが、最後の望みをいつもお世話になっている整形外科の友人に託す。2人のドクターで丁寧にレントゲンをチェックし、「これなら挙上動作さえしなければ悪化はしないでしょう。出ることは勧めないけど、大丈夫です。ただ、片手でるのか? そして痛みに耐えられるのかは君次第」という有難い言葉をもらった。これを聞いて僕の気持ちは固まった。片手でレースに臨むことや、抱えている痛みのことはさておき、「走れるなら走ろう!」と、この思いだけで決めた。 

 トライアスロンはスイム、バイク、ランと3種目あり、それもアイアンマンはスイム3.8km、バイク180km、ラン42.2kmもある。これをほぼ片手でできるのか……。そこまでして出場したかったのは、いくつか理由があった。まず、3年前のこのコラム( 「輝き続けるもの」)でも書いたけど、レース直前に落車して肩を痛めた友人が片手で走っていたのを見ていたく感動したのだ。彼の頑張りに勇気をもらったし、僕も彼のようにあきらめない姿勢を見せたかった。そして、落車の原因が自分の不注意ということもある。自分への戒めとして、どうしてもこの難題に挑みたかった。 

 挑戦を表明した際に、お叱りや戒めもいただいた。「ケガを押して走ることを美化するようなことは立場上やめてほしい」「偽関節や患部のずれなど悪化させて、後々大変になる可能性があるからやめるべき」などなど。どれも真っ当なアドバイスだし、普通はそうすべきだろう。出発時にも動かせない右手、寝返りさえ打てない肋骨で、助言に従いたい気持ちもあった。でも、止めることはいつでもできるから、最後の最後まで出るつもりで行動する。そう決めて日本を出発したのがレース5日前……。