ブルーバックス
理系人必読!これがグローバル化時代の「英文メール術」だ
吉形一樹=著『世界で生きぬく理系のための英文メール術』
〔photo〕iStock

「英語力」より「想定力」を磨け!

たった1通で用件が「伝わるメール」と、何度往復しても「伝わらないメール」。ポイントは、「相手の反応」を先読みできるか否かにある。メッセージを明確に理解させ、相手の行動を促すには、「予想される質問」に事前に答えておくこと! 効率的に自問自答できるフローチャートで、グローバルに通用する英文メールが誰でもすぐ書ける。

はじめに

“Brief, Precise and To the point.”

1970年代末から1980年代初頭にかけて、アメリカのウエストバージニア州立大学で学んでいた私は、論文を書くにあたって、電子工学を専門とするある教授に指導を受けていました。冒頭の言葉「短く、正確に、要点を押さえて」は、論文やレポートの相談にくる学生に対し、その教授がしきりに使っていた決まり文句で、私たち学生の間では有名なフレーズでした。

当時はまだ、インターネットも携帯電話もない時代で、大学内ではほとんどのレポートやメモが簡易プリンターかタイプライターで作成されていました。多忙な教授に自分の考えやメッセージを伝えるには、「読みやすく、簡潔なレポート」をつくる以外に方法がなかったのです。

このとき教授に叩き込まれた「短く、正確に、要点を押さえて」という姿勢は、その後の私にとって、大きな財産となりました。

1980年代の後半から、PCやMacなどのパーソナルコンピュータが本格的に普及し、IT時代が産声を上げました。大学を卒業して日系企業の現地法人でエンジニアとしての職を得た私は、ファクシミリからeメールへと通信手段が進化していくなかで、爆発的な勢いで増え続ける英文でのコミュニケーションに大きく関わっていくことになりました。

自分自身でやりとりする英文はもちろんのこと、同僚や取引先の方々がネイティブ/非ネイティブ間でかわすメールやレター等の添削やチェックを任されることになったからです。

特に、英語を不得手とする日本人の同僚たちと切磋琢磨するなかで、日英間のコミュニケーションギャップの問題に意識的に取り組むようになったことが、本書のエッセンスである「メール術」を体得することにつながりました。

この間、つねに私の頭の中にあったのが、“Brief, Precise and To the point.”でした。本書は、このキーフレーズを核に、三十数年におよぶ私自身の現場での経験をふまえて書き上げた、「理系のための英文コミュニケーション」の実践書です。