雑誌
あなたの会社の危機管理は大丈夫!?
まさかの時、企業の存亡を左右する「リスクマネジメント」

免震ゴム問題で謝罪会見をする東洋ゴム幹部

企業にとって『不祥事』は残念ながら避けられない。ならば、いかに危機管理を高い意識で準備しておくかがポイントとなる。企業の存亡を左右するリスクマネジメントの実態とは!?

ちょっと乱暴ないい方になるかもしれないけれど、企業にとって『不祥事』は避けられないことである。会社の規模が大きくなればなるほど、そこに働く従業員の数は増え、残念ながら一定の比率で『不祥事』は起こり得る。

この不祥事が、従業員の個人的な問題なのか、はたまた会社組織としての問題なのかによっても、その後の進展は大きく変わってくる。末端の従業員が起こした、業務とは関係のない不祥事であれば、それ自体によって企業が糾弾されることはないだろう。しかし、この「個人」が企業の経営に関わる人材であれば事態は大きく変わってくる。

女性役員逮捕に対するトヨタの対応は早かったジュリー・ハンプ氏の逮捕後、翌6月19日に「世間をお騒がせして申し訳ない」と謝罪した豊田章男社長

トヨタ自動車のジュリー・ハンプ常務役員(当時)が麻薬の不正輸入で逮捕されたというニュースが6月中旬、突如といっていいタイミングで世間を騒がせた。トヨタ自動車という企業本体の業務に関わる不祥事ではなく、あくまでも一個人の起こした「事件」だが、トヨタ自動車という大企業の経営に関わる人物ということで、当然世間は注目する。

しかも、ハンプ氏はトヨタ自動車としては初の女性役員であるとともに、外国人としても初の役員、しかもリスクマネジメントの本丸とも言える広報担当役員だったということで、よりいっそうの注目を集めることとなった。

この件に対するトヨタ自動車の対応は早かった。逮捕が報じられた翌6月19日の夕方に会見を開き、豊田章男社長が自ら「役員が逮捕され、世間をお騒がせしたことをお詫びします」と謝罪した。

実はこの対応について、リスクマネジメントの専門家の評価は二分している。